世界的アイスクリームブランド「ハーゲンダッツ」(本社:東京都目黒区)の「クリスピーサンド」シリーズから、新作「アーモンドバターサンド」が8月17日に発売される。

2001年に日本で開発された「クリスピーサンド」。チョコレートコーティングされたアイスクリームをサクサクのウエハースで包んだ一品で、累計販売数は約5億個を誇る人気だ。

今回発売されるフレーバーは、「アーモンドバターサンド」。アーモンド系のアイスは、通常の「ハーゲンダッツ」でも「アーモンド&ミルク」「アーモンドキャラメルクッキー」などが発売されており、人気の定番フレーバーとなっている。

新フレーバーの特徴は、アーモンドソース入りのバターアイスクリームをアーモンドチョコレートでコーティング。おなじみのウエハースとの相性も抜群そうだ。価格は319円、全国のコンビニなどで販売。