台湾で最大のシェアを誇る老舗ビールメーカーが手掛ける、台湾ビールの新作「紅茶ラガー」が、7月27日より全国のローソンなどで販売される。

ラガータイプをベースにし、副原料に米を使用した飲みやすく苦味の少ないことが特徴の同メーカーのビール。台湾特産・龍眼の花のハチミツを使った「はちみつビール」は、2021年5月にローソンで発売されるや、「まろやかでおいしい!」と品薄になる店舗が続出。SNSでは、「5軒回ったのにどこにも売ってない・・・」などの落胆の声が多数あがっていた。

そんな人気シリーズの第2弾は、世界四大銘茶の1つである「アッサム紅茶」をブレンドした「紅茶ラガー」。缶を開けるとすぐ、ふわっと紅茶の香りが広がり、軽い喉越しが、更に暑くなるこれからの季節にぴったり。レモンティーを彷彿とさせるフルーティーな味わいで、ほんのり甘さもあり、ビールが苦手だという人にもおすすめ。また、花柄がプリントされたパッケージは、食卓に置くだけで、手軽にリゾート気分を味わうこともできる。

価格は298円。7月27日より、全国のローソン・ナチュラルローソンで販売される(一部店舗は除く)。