菓子メーカー「おやつカンパニー」(本社:三重県津市)の人気スナック「ベビースターラーメン」がカップ麺になって登場。8月2日より全国で発売される。

「ベビースター」はラーメンをモチーフにした商品ということで、これまで「お湯を入れてラーメンにして食べたい」と熱望する人が後を絶たず、情報サイト『Yahoo』の知恵袋では「ベビースターお湯につけたらチキンラーメンの麺みたいになりますか?」という問いに「やってみましたがなりません」という回答や、「ベビースターラーメンってお湯かけて食べられるって本当ですか?」という問いに対しては「醤油足したら意外にいけます」などの回答が寄せられるなど、ラーメン化についてこれまでさまざまな意見が飛び交った。

今回の新商品発売が発表されると、SNSでは早速さまざまなコメントが寄せられ「これが食べたかったんだよ!」「駄菓子好き歓喜」「子どもの頃から待ち望んでた」「天才すぎ、感謝」などと、盛り上がりを見せた。

待望のカップ麺化となった「ベビースターカップめん」の味は2種類で、チキンと玉ねぎの旨味にコショウなどの香辛料でアクセントをつけたスープが特徴の「チキン味」と、唐辛子のピリッとした辛さが味わえる「ピリ辛チキン味」。価格はオープン。