お好み焼き専門店「ぼてぢゅう」(本社:大阪市西成区)とレトルトカレー「ボンカレー」(大塚食品)がコラボ。限定メニューが8月2日より、全国の「ぼてぢゅう」店舗にて発売されている。

全国的に親しまれている「ボンカレー」は、世界初のレトルトカレーとして1968年に誕生した大阪発祥のブランド。今回は大阪生まれの2つのグルメがタッグを組み、「レトルトカレー×お好み焼き屋」という斬新なコラボが生まれた。

担当者は「コロナ禍で自粛やアルコール制限など、みなさまの楽しみも制限されるなかで『お客さまに喜んでいただきたい!』という一心で、同店はこれまでなかった食のコラボにチャレンジしました。同店の定番メニューであるソース・粉物を使った料理に、昔懐かしい食卓の定番カレーを組み合わせたらどうなるのか!?新たな相乗効果を楽しんでもらいたいです」と話す。

ソースのしっかりとした味と、ボンカレーの絶妙な味のバランスにこだわったというメニューには、関西ならではの「そばめし」をドライカレー風に仕上げた「ボンカレーそばめし」(1078円)、鉄板焼肉×あいがけカレーが楽しめる「にくとろホルモン焼肉カレー」(1078円)、同店の看板メニューである焼きそばに甘口のカレーを絡めた「ボンカレー焼きそば」(968円)など全5品がラインアップ。

販売は一部店舗を除く「ぼてぢゅう」店舗にて(無くなり次第終了)。