出勤前、記者が地元・神戸にある美容院の前を通り過ぎようとしたところ、いつもと違う光景が目に飛び込んできた。赤いカツラに、ドットのワンピース姿の人が・・・たくさんいる・・・しかもこのルックスってまさか草間彌生!? 気になって、いても立ってもいられなくなった記者はさっそく取材してみた。

神戸のJR住吉駅から徒歩5分のエリアに位置するこの美容院は、神戸を中心に8店舗を展開するサロンブランド「ELLY LONDON」の系列店「住吉エース店」(神戸市東灘区)。子どもから高齢層まで幅広い世代が利用しており、店内はいつも地元民で賑わっている。

聞くと、どうやら同店では毎年ハロウィンの時期になると、店員全員が衣装を着用して仕事をするという「仮装営業」がおこなわれるようで、今年は10月24日から1週間限定で開催されているそう。記者が見つけた「異様な空間」の訳というのはここにあったようだ。

店長の栗牧さんに話を訊くと、「今年のコンセプトはもうお分かりかもしれませんが某芸術家です!今年は明るくポップな空間にしたいと思っていて、来られたお客さまからも『楽しいわ〜!』といった反響が寄せられていますし、前を通る方は二度見以上はされていきますね・・・(笑)」とコメント。

店内の壁や鏡には草間のトレードマーク「ドット柄」があしらわれており、美容院とは思えないほどポップな空間に。スタッフのなかには女性だけでなく男性も多数いるようだが、記者が見渡す限り「やらされている感」は無く、むしろポジティブに楽しんでいる様子がうかがえた。

スタッフの1人に「仮装しながら仕事することで気分が上がったり、むしろ恥ずかしくなったりすることはありますか?」と聞いたところ、「ないですね〜いつもと一緒です! もう仮装にも慣れちゃいましたね!」と元気に答えてくれた(仮装慣れしている美容院・・・なかなか珍しい)。

また、店内の一部にはスタッフとの写真撮影が楽しめるフォトスポットも設置されており、よりハロウィン気分を味わえるようにとの工夫も。ちなみに、この日は8草間(8人の草間彌生)が出勤していたが、ハロウィン当日は10草間(10人の草間彌生)で盛り上げていくとのこと。ヘアセットに加え、店員によるポップな仮装や空間もあいまって、美容院を出る頃にはテンションMAXになっていること間違いなさそうだ。営業時間は朝9時半〜夜6時半。