発売50周年を迎える菓子メーカー「森永製菓」(本社:東京都港区)のチョコ菓子「小枝」とのコラボパンが、コンビニ「ファミリーマート」(本社:東京都港区)に登場。1月25日より全国で発売された。

「高原の小枝」の形をヒントに作られたロングセラー商品「小枝」は、アーモンドとパフのサクサク食感が人気の小さなチョコ菓子。今回はそんな人気商品を再現した、その名も「小枝みたいなパン」が誕生した。

表面にアーモンドをトッピングしたスティック状のパンに、パフ入りのチョコクリームをサンドした同商品。噛み応えのあるパン生地とナッツの食感で本家の「小枝」に近づけたという。気になるサイズ感は、「小枝」の標準重量比較の約50倍だという。

商品名同様、なんちゃって感強めなビジュアルにSNSでは、「もう枝じゃなくて幹なんよ」「大樹じゃん」「丸太」「ブッシュドノエル」「ホットドッグかと思った」「銀チョコやろ」と大喜利状態に。価格は138円、一部を除く全国の店舗で販売される。