老舗日本茶ブランド「森半」(運営:共栄製茶、本社:大阪市北区)監修の商品が、コンビニ「ローソン」(本社:東京都品川区)から登場。5月17日よりスイーツ4品が発売される。

1836年に京都・宇治で創業以来、茶葉や抹茶にとどまらず、スイーツや紅茶にいたるまで幅広いフードを販売する同ブランド。

今回は、「Uchi Cafe×森半 お抹茶ロール」(214円)、「Uchi Cafe×森半 お抹茶モンブラン」(311円)、「森半監修 お抹茶デニッシュ」(160円)、「森半監修 お抹茶ホイップあんぱん」(160円)を手掛け、いずれも「森半」の茶師がブレンドしたオリジナルの宇治抹茶を使用し、濃厚な旨みや程よい苦みを味わえるという。

また、すでに13日から「Uchi Cafe×森半 どらもっち お抹茶」(税込203円)が先行発売中。SNSでは「歴史に名を残すスイーツ」「完売してた」「コーヒーに合う」「神的においしかった」と早くも好評の声が多数寄せられており、残る4品にも期待ができそうだ。「ローソンストア100」を除く、全国の「ローソン」にて販売。