大阪の百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)の屋上テラスで、5月25日よりビアガーデンがスタート。初日は予約で埋まり、会社帰りの客が久しぶりの宴会を楽しんだ。

コロナ禍で中止が続き、3年ぶりの開催となる今回。広報担当の米田さんは、「(警戒解除を表す)緑信号になったりと徐々に戻ってきているので、『これまで頑張ってきたんだからご褒美に』という気持ちで気の合う仲間と楽しんでいただければ」と期待を込める。会場は、ビニール手袋の完備や飛沫防止のガラス板、屋台の配置をずらすなど、大阪府の指導のもと、感染症対策を徹底しておこなわれる。

ブッフェ屋台には、目の前で焼く様子も楽しめる「ワンレッグローストチキン」や大阪名物の串カツ、レンズ豆のサラダなど、フードやアイス約30種が並ぶ。ドリンクコーナーには、全自動のビールサーバーをはじめ、ワイン、カクテルなどノンアルコールを含む100種がスタンバイ。さらにポップアップブースとして、週替わりでさまざまな企業とのコラボメニューが登場する。

オープン直後に来店した男性4人組は、「仕事が早く終わる日だったので、コロナも落ち着いてきたし久しぶりに集まりました。これまでもビアガーデンはよく行ってたんですが、ここは料理がおいしくて。阪急百貨店さんクオリティ上げてきたなと(笑)」と楽しんでいた。

『うめだ阪急ビアガーデン』の価格は2時間食べ飲み放題で4500円、小学生1500円、未就学児無料。期間限定で500円割引になる「ハッピーアワー」や「浴衣プラン」なども。

期間は9月30日まで、営業時間は夕方5時〜夜10時30分(土日祝は夕方4時〜)。同百貨店13階屋上広場にて開催中(雨天中止のお知らせは当日昼3時に発表)。予約など詳しくは公式サイトをチェック。