JR西日本の鉄道イベント『真夏の鉄フェス2022』が、JR大阪駅直結の「大阪ステーションシティ」(大阪市北区)で、7月22日・23日に開催。さまざまな企画がおこなわれるなか、SNSで話題の「サイコロきっぷ」が、イベント版となって一足先に発売される。

1名あたり5000円でサイト上のサイコロを振り、出目によって行き先が決まるという「サイコロきっぷ」。出発地は大阪に限られているものの、北陸から九州までの全7駅からランダムに当たるハラハラ感が楽しめ、なんといっても往復5000円という破格の料金設定が魅力だ。

ネット限定商品として7月1日に発表されるや、「お得すぎる」「リアル『水曜どうでしょう』できるやんけ!!」と話題となり、ツイッターではトレンドに浮上。そんな注目の切符が「鉄フェス Ver.」としていち早く販売され、実際に巨大サイコロを振ってリアル体験できるという(1日1000組限定)。

さらにイベントでは、「ハロ―キティ」や「名探偵コナン」のステージイベント、「プラレール」の巨大ジオラマ展示、無料ワークショップ、エルマガムック「大阪駅から行く 青春18きっぷの旅」トーク&販売イベントなどが実施されるほか、ミルクボーイとアキナが出演する『よしもとお笑いステージ』などが楽しめる。

イベント開催時間は、7月22日・昼1時〜夜8時、23日・朝11時〜夜7時。「大阪ステーションシティ」のアトリウム広場(2階)、時空の広場(5階)、旅立ちの広場(1階)にて。「サイコロきっぷ」ほか、イベント詳細は公式サイトにて随時更新される。