「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市阿倍野区)に9月30日、バターが主役のスイーツブランド「ザ・マスター by バターバトラー」が誕生。西日本1号店となる。

東京土産として人気を集める焼き菓子店「バターバトラー」の姉妹ブランドで、2020年に横浜で生まれた同店。

2号店となる今回、JRや大阪メトロなど各駅直結の北入口を入ってすぐの好立地にオープン。エメラルドグリーン&ゴールドを基調とした高級感のある内装・商品パッケージは存在感抜群で、初日は開店と同時に20人近くの列をつくった。

店頭には、ポンドバターそっくりな生菓子「バターケーキ」(3240円、要冷蔵)のほか、「バターフィナンシェ」(4個・1167円)、クッキー缶「ザ・マスター缶」(7個・2268円)など売れ筋商品がずらり。

さらに、「あべのハルカス近鉄本店」限定商品として「ラムレーズンバターミルフィユ」(3個・1782円、要冷蔵)が登場。国産バターを使用した濃厚なバタークリームと、高級品とされるディロンラムで作る芳醇なラムレーズンを香ばしいパイで重ねた一品で、全国唯一の取り扱いとなるので大阪土産としてもぴったり。初日は昼1時半に完売したという。

営業時間は朝10時〜夜8時。場所は、同百貨店の地下1階洋菓子売り場。