「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)で、期間限定イベント『NO LIMIT!クリスマス』が11月11日からスタート。ゲームメーカー「任天堂」(京都府京都市)をテーマにしたエリア『スーパー・ニンテンドー・ワールド』では開業以来初となるデコレーションが施され、ホリデーシーズンならではの景色を一目見ようと初日から多くの人が訪れた。

これまでハロウィンやクリスマスなど、イベント時も通常営業だった同エリア。今回のクリスマスイベントで初めて季節のデコレーションが施され、『NO LIMIT!クリスマス』開幕前日の10日に、冬らしくおめかしした姿が披露された。

同エリアのエントランスには、大きなクリスマスツリーとマリオとルイージをイメージした雪だるまが登場。クリスマスツリーのオーナメントには、はてなブロックやスーパースター、ツリーのトップには大きなスーパースターが飾られるなど、同エリアならではの装飾が随所に光る。

また、エリア内に入ってすぐの場所にあるピーチ城にもクリスマスリースがあしらわれ、クリスマスムードを感じる装いに。リースにもスーパーキノコやスーパースターが登場し、ゲームの世界にはないマリオの世界観を感じられる。

そのほかにも、エリア内中央にはクリスマスツリーやプレゼントボックスなどが置かれ、マリオやルイージと一緒に写真撮影を楽しむことが可能に。クリスマスデコレーションの公開初日から、多くの人で賑わっていた。

また、同エリアで販売されるフード類もホリデーシーズン限定メニューに。「キノピオ・カフェ」では、クリスマスツリーのマッシュポテトが印象的な「シェフ特製グラタン・ハンバーグステーキ&マッシュポテトのツリー」(2600円)をはじめとする限定メニュー3種、「ヨッシー・スナック・アイランド」では、「アカこうらのカルツォーネ 〜ナポリタン&チーズ〜」(850円)などのフードやスイーツ、ドリンクが味わえる。「NO LIMIT!クリスマス」は2023年1月9日まで。

取材・文・写真/野村真帆