カフェチェーン「ゴンチャ」(本社:東京都港区)から2023年版福袋が登場。昨年は一部店舗でしか販売がおこなわれなかったが、今年は待望の全国販売。その気になる中身とは?

家庭で飲めるお茶や説明書き、またボトルやお菓子といった「ティータイム」の準備が揃っていた2022年版。販売店は限られていたものの、福袋&ティー好きからは好評だったという。

2023年はブランドコンセプトでもある「気分で選ぶティースタイル」をテーマに、さらにパワーアップしたおうちカフェを楽しめる内容となっており、水出し茶を楽しめる「オリジナルフィルターインボトル」や自宅やオフィスでも簡単に楽しめる「オリジナルティーバッグ缶」、またそれらを収納して置いておくことができる「オリジナルランチトートバッグ」がスタンバイ。

そのほかにもドリンクチケットのお正月特別バージョンが5枚(5350円相当)入っていたりと、アイテムはもちろんのこと、「お得面」もしっかり充実。価格は6000円で、全国の「ゴンチャ」店舗にて販売される(12月1日から公式LINEでの予約がスタート)。詳細は公式サイトにて。