新世界・難波・梅田エリアに計14店舗を構える串カツ居酒屋「新世界 串カツ いっとく」が、最大級店舗となる新店「道頓堀戎橋店」(大阪市中央区)を12月12日にオープンする。

大阪名物である串カツやどて焼のほか、鉄板焼きなどの居酒屋メニューも楽しめる「いっとく」。今回は、観光客でにぎわう大阪屈指の観光地・道頓堀で、総席数350席という広さと落ち着いた雰囲気の店舗が誕生する。カウンター席とテーブル席があるほか、店内にはおむつ替え台も備えられ、ファミリーでも利用しやすい空間となっている。

主役となる串カツは、豚や牛などの肉類、レンコンやアスパラ一本揚げなどの野菜類、えびやかに爪などの海鮮類など合計44種以上がスタンバイ(1本121円〜)。居酒屋メニューには、「豚焼きそば」(902円)や「とんぺい焼」(572円)「ホルモン焼き」(682円)などの人気メニューが揃う。

「食べ放題コース」(90分・2068円)もあり、家族から会社の宴会まで幅広いシーンで利用しやすいほか、地下鉄御堂筋線・近鉄線・南海線・JR難波駅より徒歩約5分とアクセスしやすいので、国内外の観光客が集まる新たなスポットとなりそうだ。営業時間は朝11時〜深夜1時、年中無休。