自転車競技BMXフリースタイル・パーク女子部門で、東京オリンピック代表に内定している大池水杜さん(24)が17日、出身地の島田市役所を訪れました。

大池さんは、萬屋正副市長らに迎えられ、、前日、16日に茨城県で行われたマイナビジャパンカップの優勝を報告しました。大池さんは現在24歳。中学2年からBMXに乗り始め、現在は岡山県を拠点に練習しています。2018年のワールドカップ第2戦で日本人初優勝を成し遂げ、全日本選手権では4連覇中。オリンピックでもメダルが期待されています。

静岡・島田市出身 女子BMX 大池水杜さん:「自分が今、目指している部分は東京オリンピックなんで。そこに向けて、自分が全力でやってきた事を100%出して、楽しく、メダル持って帰って来れればと思ってます」

BMXフリースタイル・パークは制限時間内にジャンプや回転など技の難易度や独自性で得点を競う自転車競技で、東京オリンピックで新種目として採用されています。