静岡県裾野市の保育園で複数の保育士が1歳児に虐待を繰り返していた問題。1日夜開かれた3回目の保護者説明会の中で、内部告発した保育士に公言しないよう園長が土下座していたことや4歳児に対しても虐待が行われていたことが明らかになりました。

白鳥衛記者:
「まもなく午後7時です。保護者が続々とさくら保育園へ入って行きます。きょうで園が予定する説明会は最後となりましたが、保護者が納得する説明は行われるのでしょうか」

裾野市の私立「さくら保育園」で1歳児を受け持つ保育士3人が複数の園児に対して虐待を繰り返していた問題。

これまでに園や市の説明から園児を倉庫に閉じ込めたり足をつかんで宙づりにしたりする行為が明らかになっています。

1日夜開かれた3回目の説明会に参加した保護者から新たな証言も。

保護者:
「内部告発をした保育士さんに、公言しないようにって園長が土下座したって言ってました」

保護者:
「カッターの件があったと思うんですけどそれは4歳の子にやったということで保護者の方からの情報で今回分かったんですけどそれが新しい事実じゃないかと思う」

一方、保護者の証言に対して園長は。

さくら保育園 櫻井利彦園長:
「土下座はしました。せっかく入って来てくれた保育士に対してそういう目に合わせてしまって、辞めてしまったというところで謝罪だった」

Qカッターを見せたことは事実
「はい」

園は6日にも記者会見を開き事実関係や経緯を説明する方針です。