静岡県・熱海市土石流災害の発生から3日で5カ月。発災直後、自宅から命からがら逃げだした親子がいます。間もなく100歳を迎える母と、その母を背負って逃げた息子。親子の5カ月を取材しました。

ここがお気に入り

母親 後藤てる子さん:「最高です。朝から晩までこのいい景色で」

もうすぐ100歳になる後藤てる子さん(99)。自宅があった伊豆山地区を離れ、熱海市内の市営住宅で次男の光雄さん(75)と2人で暮らしています。

後藤光雄さん:「ここはもう、うちのばあさんがね、ここを気に入ってるみたいですから、ここは気に入ってるみたいですから。気に入ってればそれでね。喜んでますから」

発災3カ月が経った今年9月、新たな住居での生活が始まりました。

あの日…

7月3日。熱海市で発生した土石流。26人が犠牲になり、未だ1人の行方が分かっていません。
発災9日後。後藤さんとてる子さんは、市内のホテルで避難を続けていました。

発生直後、家から飛び出した後藤さん。
後藤さん:「靴ははいている暇がないから裸足だよね。裸足でとにかく背負って滑りながら(逃げた)。でも、怖いとは思わない。必死だから」

てる子さんを背負い命からがら逃げ出した後藤さん。発災後、犠牲者が見つかる日々が続いていました。

後藤さん:「親子生きてるだけでもね。高齢のね100歳になるようなおばあさんがね、まだ生かさせてもらったというね。ありがたいことですよ」

地獄の光景

後藤さん撮影:「これが僕の家の前です。下が土石流があった場所です。ここから一気に上から土石流から流れて、地獄の光景でした。前の家は2軒とも流されてなくなりました。」

7月12日の一時帰宅。
自宅は難を逃れたものの、瓦礫や土砂が残ったまま…。このとき、てる子さんのお経の本やメガネなどを持ち出しました。

ホテルを転々とする日々

自宅からホテルへ。そしてまた別のホテルへと…。転々とする日々が2カ月続きました。それでも…

後藤さん「私の部屋は広くて、ばあさんも喜んでいます。景色もいいですしね」

この日、後藤さんが向かったのは、市内の自家菜園。仲間と一緒に、空心菜など数種類の野菜を育てています。

後藤さん:「ちょっとした家庭菜園。狭いんですけどね。楽しみに」
記者:「土石流が流れた所で畑やってた人もいるんですか?」
後藤さん:「ありますね。ダイコンとか作っておられましたよね(全部だめになっちゃいましたね)」
記者:「そうですね」

発生から2カ月…市営住宅へ

9月14日。
避難所のホテルから、市営住宅へ移りました。発災から2カ月と少し。てる子さんは、被災したの日のことを話してくれました。

後藤てる子さん:「あの3日は恐ろしたっかたこと、脳裏から離れません。こんな重い私を背負ってね。道なき道を急なところを上がったり下りたりして、もう、私には暗いし電柱で大勢の方が照らして私背中で泣きました。本当にこんなありがたい」

朝昼晩、食事は全て光雄さんが作ります。てる子さんは毎日、ベランダから見える海や山の景色を見て過ごしています。

母親 てる子さん:「最高です。朝から晩までこのいい景色で、私には一番いい景色です。今まで住んだ家で」

壁にある「賞状」。てる子さんはもうすぐ100歳を迎えます。

100歳を目前に…

後藤さん:「きのうも最後、息止まりますよて。看護師から言われていて。今止まりました。静かに何の苦しみもなかったですよ」

1日、てる子さんは老衰のため息を引きとりました。99歳でした。

後藤さん:「35キロぐらいかな」
葬儀屋:「もうちょっとあるかな」
葬儀屋:「今98ですか?」
後藤さん:「99です。一か月ちょっとで100歳」
(遺体車に運ばれる。担当者手を合わせる)

後藤さん:「まあ、いいことも悪いことも色々ありましたけど、これが人生でしょうね」
「看護師が来られてね。毎日のどういうような状況が書いてありますね」
「喜んで亡くなったと思いますし、私も何も悔いはありませんし。みんなよかったです」

発災から5カ月

5カ月が経ちました。

後藤さん:「5カ月間ですね、あっという間に過ぎましたね。まあ、いろいろありました」