静岡県御前崎市の浜岡原発で原子力災害を想定した訓練が行われました。

この訓練は中部電力が年2回開いているものです。

訓練は南海トラフ巨大地震が起きて御前崎市で震度7の地震が発生し、原発3号機と4号機に異常が出たという想定で行われました。

水道管の破断で起きる高圧注水系の低下を食い止める作業や近隣自治体への連絡の手順などを確認しました。

また敷地内で放射線の監視を強化するためモニタリングポストを設置する訓練も行っていました。