静岡市で衆院選の二重投票があったことが分かりました。

二重投票があったのは、静岡市役所の葵区期日前投票所で、20日午後、投票に訪れた高齢者は衆院選の入場券を持っていましたが、職員が参院補選の入場券と思い込み対応したところ、高齢者が衆院選の投票の意思を示したことから、衆院選の入場券を再発行しました。

このため、高齢者は衆院選の入場券を2枚持ち、1度目の衆院選の投票をしたあとに、もう1枚の「衆院選の入場券」を見た職員に、再び衆院選の投票所に案内されました。

2度目はシステム上でエラーが出ましたが、職員が見逃したため二重投票につながったということです。今回の二重投票は「有効票」として扱われます。