静岡県内では12日、新たに11人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。静岡市では変異ウイルスの検査で、新たに3人の陽性が判明しました。

県内で新たに感染が確認されたのは、静岡市で4人、袋井市で3人など合わせて11人です。

また静岡市では、変異ウイルスのPCR検査で、新たに3人の陽性が判明しました。このうち1人は、すでに変異ウイルスが確認されていた陽性者の濃厚接触者です。ほかの2人は、いずれも県外の変異ウイルスが確認されている地域への滞在歴があるということです。

変異ウイルスが確認された3人の検体は今後、国立感染症研究所でゲノム解析を行われます。静岡市の変異ウイルス感染者はこれで13人となりました。

市は変異ウイルス感染者の感染経路がある程度分かっているとして、市中感染は広がっていないとの見方を示しています。

また、県によりますと、中部保健所管内でも新たに1人、変異ウイルスへの感染が判明しました。変異ウイルスへの感染が確認されたのは、県内全体でこれで55人となっています。