3月中旬、飼っていたネコ14匹を静岡市の住宅に置き去りにしたとして、60歳の男性が書類送検されました。

動物愛護法違反の疑いで静岡地検に書類を送られたのは、駿河区の会社員(60)です。警察よりますと、会社員は3月中旬ごろ、借りていた住宅内にネコ14匹を置き去りにし、別の場所に引っ越した疑いが持たれています。静岡市の動物指導センターからの通報で発覚しました。警察は詳しい経緯を調べています。