静岡県焼津市の県立焼津水産高校では、来年、創立100周年を迎えることから、学校前の県道沿いに100年の歴史を振り返る写真プレートを展示しています。

写真プレートでは、1922年(大正11年)に公官庁で県内初の鉄筋コンクリート建築の新校舎が落成したときの写真や1929年(昭和4年)に製造実習工場で、マグロ油漬け缶詰の製造に成功した様子などを見ることができます。また、1940年(昭和15年)のプレートには、銃剣術と射撃訓練の様子が写っていて、太平洋戦争が近づいていたことがうかがえます。

焼津水産高校の創立100周年記念式典は、来年11月に予定されています。