東京オリンピックサッカー女子日本代表18人が発表され、静岡県の藤枝順心高校出身の杉田妃和選手が選ばれました。

杉田選手は、藤枝順心高校時代に全国選手権準優勝。世代別の日本代表ではUー17、Uー20とそれぞれのワールドカップでMVPに輝きました。
高校卒業後は、なでしこリーグINAC神戸レオネッサで活躍。得点力を兼ね備えた左利きの司令塔として、オリンピックでは初の金メダル獲得が期待されます。