静岡県伊豆市では、交通違反や事故を繰り返したとして30代の男性職員が懲戒処分を受けました。

伊豆市によりますと産業部の30代の男性職員は、おととし8月から去年11月までの間に公用車を運転中にスピード違反や接触事故を起こすなど、3回に渡り違反や事故を繰り返したとして、今年4月に「訓告」の処分を受けました。
しかし男性職員は9月7日、公用車を運転中に道路標識の確認を怠り右折禁止の違反をしたことから、伊豆市は「公務員としての自覚を著しく欠く」として、21日付で「戒告」の懲戒処分とし、この職員の公用車の運転を当面の間禁止しました。