静岡県内の聖火リレーが始まり、23日から282人のランナーが3日間かけて県内各地をまわります。それぞれのランナーはどんな思いで、この日を迎えたのでしょうか。

聖火リレースタート
「東京2020オリンピック聖火リレーが始まりました」

中野結香アナウンサー
「手を振りながら、ランナーがゆっくりと進んでいます」

23日午前8時24分。静岡県の川勝平太知事らが見守る中、湖西市の新居関所跡前で県内の聖火リレーがスタートしました。

第1走者はブラジル出身で、幼少期を湖西市で過ごした當間ローズさん(26)です。

當間ローズさん
「本当にいまだに胸はいっぱいですし、ドキドキですし、200メートルだけだったんですけど、足にまだ走った感触が残っています。本当に光栄で胸がいっぱいです」

聖火リレーが行われるのは47都道府県のなかで、静岡県が41番目。県と大会組織委員会は、新型コロナ対策としてウェブ中継を視聴することを推奨しています。沿道で観覧する場合は、マスクを着用することや他の観客との距離を保つことなどを呼びかけています。

80代の女性(湖西市)
「沿道の目の前に住んでいる。ここが聖火リレーのコースに選ばれたときはうれしかった。前回の東京オリンピックでも、静岡で聖火リレーを見ている」

30代の男性(滋賀県)
「実家が静岡市。聖火リレーを見るために帰省。滋賀でも聖火リレーを見に行った」