年の初めの神様へのご挨拶幸運、健康運、金運も……、すべての運気アップを祈願!

年の初めに神社やお寺に参拝する行事が一般に広まったのは、江戸時代後半からだといわれています。このころ、縁起がいいとされる方角にある神社仏閣にお参りする「恵方詣」が流行し、それが現在の初詣につながりました。

 もともとお正月は歳神様をお迎えする日なので、自宅にこもって外出しないのがならわしでした。大晦日の夜にお参りする「除夜詣」や新年まで神社にこもる「年ごもり」の風習も見られましたが、夜が明けて家に帰ると、そのまま過ごすというのが一般的だったようです。いまのような初詣の形になったのは明治時代に入ってから。鉄道網が発達し、電鉄会社が乗客獲得のために行なったキャンペーンがきっかけです。

神社の参拝には作法があり、神前では「2拝2拍手1拝」が基本です。お寺では拍 かしわ手でを打たず合掌します。「おみくじ」は大吉ならば家に持ち帰り、それ以外は木に結ぶともいわれていますが、特に決まりはありません。ただ、指定された以外の場所に結ぶのはやめましょう。縁起物の「破魔矢」は正月に矢を射る行事で用いられたもの。「魔を射る」という名前から厄除けの効果があるといわれています。

意外に歴史の浅い初詣ですが、特別な日にお参りするのは大切なしきたりです。3が日を過ぎても運気が落ちることはないので、人混みを避けたいのなら、人出が落ち着いたころに参拝するのがよいでしょう。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 日本のしきたり』監修:千葉公慈