内神さまとよりつながる! 神社仏閣での願い方

内神さまとのつながりを強める参拝の方法があります。願いを「自分への宣誓」のように述べましょう。これにより、内神さまとつながりながら運気を上げていくことができます。よく「神社仏閣ではお願い事をしてはいけない」とか、「感謝だけを述べるべきである」といわれます。もちろん、感謝の意を述べることは正しい姿勢ですが、それに加えてお願いをしても良いと私は考えています。参拝はそれぞれの神社仏閣に沿った方法で行います。そして、手を合わせた際にまずは感謝を述べましょう。その次に、お願い事を神さまにではなく自分に宣誓をするように、「今年は〇〇が成就する!」などと言い切ります。すると、参拝するあなたの前にある神鏡に自分のお願いが反射し、自分に跳ね返ってきます。つまりは神鏡を通して自分のなかの内神さまに願っていることになるのです。

混んでいなければ、手を合わせた際に住所、生年月日、名前を唱えることも良いでしょう。神さまに対して、自分がどこの誰なのかがさらに明確になります。お願い事はできるだけ詳細に設定しましょう。そしてお願い事を宣誓した後に、「このお願いを叶えるために、〇〇と〇〇を今年は努力し、挑戦します!」と願いを叶えていくための努力や挑戦方法まで述べられると、より一層強い宣誓となるでしょう。

【書誌情報】
『神様とやるすごい運トレ』
著者: 愛新覚羅 ゆうはん

「神様とやるすごい運トレ」とは? ① 「運の障害」をなくす習慣と意識の運トレ 運の悪い人たちの多くは、自分で良運を遠ざける、「運の障害」を作り出しています。 この運の障害を作る習慣をやめること、作ってしまった運の障害を取り払うこと。 それが開運への第一歩です。 ② 内神さまとやる、自分を知り、感情をコントロールする運トレ あらゆる角度から自分を知る運トレを行うと、自分のなかにいる内神さまにも 気づくことができます。また、自分の感情を整理し、コントロールできるようになれば、 運は育まれ、どんどん強くなっていきます。 ③ 外神さまとやる、神運体質になる運トレ 外神さまは、遥か彼方の天上にいるのではなく、常にあなたのすぐ近くで見守っていて くれる存在です。ご神気やご神域を訪れることで、つながりを強くしていく運トレの総仕上げ。 本書を手にしたときが、開運ストーリーの始まりです。 運トレで幸運に恵まれる日々を過ごしましょう。 担当者コメント