G1スウィングの身体の使い方を覚える①「スローイングドリル」

G1スウィングの身体の使い方を身につけるの有効なドリル「スローイングドリル」を紹介します。

サッカーボール程度の大きさのボールを両手で持ち、右手がずっと下のままで目標方向に向かってまっすぐボールを投げます。やり方は以下の通りです。

【1】ボールを持った状態でアドレスしてから、トップを作るようにしてボールを右耳の横まで持ち上げます
【2】アゴが右ヒザの上に落ちてくるような感覚で身体の右サイドを側屈(右ワキ腹を縮める)させます。その際、胸の面を地面に向けるように身体を動かすのがポイント
【3】右手が下のまま、右肩と頭が懐(左ワキ腹の前の空間)に入ってくるような感覚でボールを投げる
【4】腕を左に振っていきながらボールが目標方向にまっすぐ飛べば、正しい身体の使い方ができている証拠

ボールを投げる際、右手が上になるのはNG。それでボールがまっすぐ飛んだとしても「G1スウィング」の正しい身体の使い方にはなりません。

また、頭を動かす感覚がないと腕の振りと身体の動きが同調しないので注意しましょう。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。