ファールの後、新しいボールを球審がピッチャーに投げ渡すのが基本だが…

ピッチャーの立場から「投げていて気持ちが入るキャッチャーのプレー、仕草」を斉藤和巳さんに聞いてみた。


現役時代、主に受けてもらっていたのは城島健司だったというが、おそらく城島健司以外は誰もやっていないピッチャーにとって「キャッチャーからのリスペクトが伝わってくる仕草」があったという。

それは、

バッターがファールを打った後、球審にもらった新しいボールを1回〜2回捏ねてからピッチャーに投げるようにしていた

という行為だ。


球審がピッチャーに直接投げてしまうことが多い。それを城島健司は必ず球審にもらうように言って、キャッチャーミットを外して捏ねていたという。

物理的にその捏ねることが大きな影響をもたらすわけではない。

気持ちの面で「ピッチャーにしっかりと投げて欲しい」というキャッチャーとしての思いが伝わってきたという。

斉藤和巳さんはそれを「キャッチャーから無言のピッチャーへのリスペクト」だと感じていたという。