地方ダートでは、各競馬場でダービーが開催されているなか、川崎競馬場で3歳牝馬女王を決める「関東オークスJpnⅡ」が開催される。

この時期の3歳牝馬限定で、尚且つダートレースということもあり、JRA馬は2勝馬が多く、レベルが決して高いとは言えないレースとなっている。

過去に、GⅠ級を勝ったホワイトフーガや牝馬交流重賞を7勝したラヴェリータなどを輩出しているが、このように後に活躍する馬は意外と少ない。

それこそ、この関東オークスが最後の勝利となる馬が多く、未来へのステップレースとは言い難い状況となっている。


今年も、武豊騎乗の⑥ウェルドーンがJRAでは唯一の3勝馬であり、残りの3頭は2勝しか挙げていない馬達である。

とはいえ、2勝馬の中にはデビュー戦で最後の直線を大外のラチ沿いまで逸走しながらも勝った⑤リフレイムもおり、なかなか濃いメンバーが集まった。


それでも筆頭は、オープン競走の鳳雛Sを勝った唯一の3勝馬⑥ウェルドーンで間違いないだろう。

戦法も先行と小回りの地坊馬場に合っているうえ、鞍上が武豊というところが安心出来る。

問題は2着、3着をどうするか?なので、有力馬を紹介していこう。

前走兵庫チャンピオンS3着馬の①ランスオブアースが2着候補として有力なのだが、鞍上が昨年デビューの泉谷楓真。地方競馬場では未だ勝利を挙げていないため、経験値の少なさが気にかかる。

⑤リフレイムは前走の初ダートで6着と健闘はしているが気性難は変わらない。地方競馬場で後手を踏むと取り返しがつかない為に、評価を下げざる得ない一頭である。

⑨ベルヴォーグは、芝からダートに転向し3戦で2勝を挙げており、鞍上も幸英明騎手と経験豊富なベテランなため期待出来るのだが、唯一気がかりなのが前走の走り方だ。後ろから捲くる競馬で勝ってはいるが、今回は小回りの地方競馬場なので、前走と同じ作戦では3着以内に入れない可能性もあるが、前に付けることが出来れば⑥ウェルドーンといい勝負が出来る一頭である。

地方からは、⑦ケラススヴィアが恐い存在となっている。南関牝馬クラシックと言われている桜花賞と東京プリンセス賞を連勝。さらに戦法は逃げと地方競馬場に合っている戦法なため、JRA勢に対して危険な存在である。


果たして、リフレイムの復活はあるのか? それともケラススヴィアが地方の意地を見せるのか?

発走は、6月16日 川崎競馬場 11レース 20:10予定。