全国49地区 夏の大会データベース
【富山】

富山商と高岡商の公立校2強体制が崩れ始め、混戦ムードの状況に。選手層が厚い高岡第一を先頭に高岡商ら名門に新興勢力が入り乱れ、新たな王の座を争う。

《2021年 センバツ結果》出場なし

●甲子園での戦い&夏の展望
公立校の2強時代終焉で群雄割拠の混戦模様も高岡第一が抜け出すか!?

富山と言えば、高岡商と富山商による公立校の2強体制が長年続いていたが、近年は群雄割拠の混戦模様に。昨年の独自大会でも富山商が高岡第一との1回戦で敗れ、夏3連覇中だった高岡商もベスト4で姿を消した。新たな王者の誕生が待たれるところだ。

その筆頭格となっているのが昨年の独自大会で優勝した高岡第一。秋季大会でベンチ外だった中村来生が冬を越してエース格に成長。沖田拓真との継投で勝ちパターンを作ると、鏡内零央、吉江一真、赤尾裕太らが足を絡めた攻撃で得点を奪っていく。投手陣には秋の県大会でエースナンバーを背負った小久保隼人もいるだけに選手層では県内随一と言えるだろう。

追いかける存在になったのは高岡商。今年は堅実な守備がウリの石黒和弥を軸にまとまりのあるチームになってきている。面白い存在となりそうなのが新川。秋季大会、春季大会ともに1回戦負けではあるものの、最速144キロを誇るエースの久保田治也は昨年の独自大会では18回1/3連続無失点と安定感抜群の投球を見せ、打線では1年時からレギュラーとして出場した中川翔太が持ち前の豪打でチームを牽引する。思わぬ伏兵として注目してみたい。

過去10年富山 夏の甲子園/地方大会決勝戦績
全国49地区夏の甲子園DATABASE【北信越編】

北信越が「最弱地区」とイジられたのは今や昔の話。近年は中学野球から独立リーグまで好選手が続出して高校野球のレベルアップも顕著に。今、日本で一番高校野球がアツいエリアに!

選手層が飛躍的に上昇!全国優勝も夢じゃない

近年、アマチュア球界で最もホットな地区となっているのが北信越。中学野球で将来有望な選手たちが好成績を残し、高校へ進学してまた活躍するという好循環で高校野球のレベルが飛躍的にアップ。2年前に星稜(石川)が甲子園で準優勝に輝くなど、その成果も現れている。

今年の北信越で最も注目したいのは敦賀気比(福井)。センバツでは1回戦負けだったものの、春季大会4戦36得点を挙げた強力打線と故障から復活した竹松明良が変幻自在の投球で三振を量産。控え投手のレベルも高く、県代表どころか甲子園の舞台でも爆発することだろう。

同じセンバツ出場校でも上田西(長野)は自慢の俊足を武器にした攻撃的野球でコンスタントに点を奪い、しなやかなフォームが魅力の左腕・山口謙作を軸とした投手陣も強力。他にも星稜(石川)や新潟明訓(新潟)、高岡第一(富山)など、各地区で本命候補となる強豪校は順調な仕上がりを見せている。

例年は私学勢が優勢だが、今年は県立校出身の好選手も各地区に続出。目が離せない試合が続きそうだ。

過去5年 北信越地方大会結果
『がっつり!甲子園2021』7月5日発売!

2年ぶりの夏が戻って来た!自粛ムードにつつまれた日本列島に清々しい活気の旋風を巻き起こす球児たち!この夏の主役候補たちに大接近!春夏連覇を目指す東海大相模の門馬監督と石田隼都投手!ドラ1候補、大注目の小園健太投手(市立和歌山)、達孝太投手(天理)の直前の意気込み!甲子園を目指しユニークなチームづくりを仕上げてきた注目校もクローズアップ!高校野球ファンのあなたにぜひ手に取ってみて欲しい一冊です! !