いま、企業側と学生側の「ミスマッチ」が就職活動の問題になっているようです。大企業への就職を夢見るもうまくいかず「就活うつ」になってしまう学生もいるようですが、今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが、いま一度「大企業」に就職をすることの意味を真剣に考えてほしいとアドバイス。そして「就職先を選ぶ」ということの本当の大切さについて語っています。

自分を鍛えたいなら、中小企業へ

就活環境が改善傾向にあるとはいえ、まだまだ学生は苦悩しています。どれだけ受けても内定をもらえず、中には数十社を落ちている学生もいます。「就活うつ」になって、自殺する学生まで。

そこまで就職口がないものなのでしょうか。いや、そうではなさそうです。

大学生の就活において、学生と企業のミスマッチが問題となっています。中小企業からの求人はかなりの数になります。なのに、学生が敬遠して受けないのだと言います。これが、いわゆる「ミスマッチ」という問題のひとつの要因なのです。

求人はそれほど少なくないにも関わらず、大企業・有名企業に応募が殺到し、競争が激しくなっているのです。バブルを知らず、ケチケチ環境で育ってきた人たちが、大企業・安定志向に走るのも無理はありません。親としても、できることなら「食いっぱぐれのない」企業に就職して欲しいと願うでしょう。

しかし、大企業のキャパシティには限りがあります。望み通りにならないのが当然のことと、受け止めなければなりません。

「大企業・安定」に、夢を持っているのかもしれませんが、その夢を実現させることは、ほぼ不可能に近いと言えます。非情な言い方をしますが、自身の大学のレベルを理解しているでしょうか。また、自身の能力をわかっているのでしょうか。よく考えれば、大企業に就職できるかどうかはわかるはずです。

「もう学歴社会は終わっている」と思いたいのでしょうが、大企業への就職に関しては、まだまだ学歴社会は現存しています。誤解されては困りますが、あくまで大企業への就職や官僚になる時のみ、学歴が関係してくるのです。社会に出てしまったら、実力がものを言います。

大企業に就職することに、どれほどの意味があるのでしょうか。給料が高い、休みが多い、安定している。魅力的に思えるかもしれませんが、約40年勤め上げるためには、「やりがいを見出せるかどうか」が、最大のテーマとなります。どれだけ条件が良くても、面白味を感じず、奮起することもなければ、絶対に長続きはしません。悩み、もがき苦しむことになります。

「大企業・安定」に夢を見ていたかもしれませんが、やがて、それが本当の夢ではなかったことに気づいてしまう時がきます。「俺の、私の夢はこれじゃない!」と、退職願を書くことになるのです。

大企業は、やりがいを感じにくい環境だとも言えます。ひとりで何かを成し遂げることもなければ、少人数でプロジェクトを成功させることもあまりありません。ひとつのことに大人数が関わり、システム化された中で、ひとりひとりは小さなことを担当するだけです。大企業になるほど、人材はひとつのパーツでしかなくなるのです。

それに比べて中小企業は、大きなやりがいを感じることが多くあります。人材が少ないので、ひとりの人間が受け持つ仕事は多くなります。責任も重大。休みも少ない。しかし、期待されています。自分の存在意義を感じるでしょう。まさに、やりがいのある仕事です。ひとりでやらなければならない仕事も多いので、幅広い知識・技術を身につけることができます。

追い込まれることもあるでしょう。自分を痛めつけなければならない時も来ます。だからこそ、鍛えられるのです。苦しい時には、数少ないまわりの人たちが必ず助けてくれます。それが、中小企業なのです。

ハッキリ言いますが、大企業は冷たい。それは、人材の重さが違うからです。大企業は、業績が悪化すれば、簡単にリストラをします。しかし、中小企業は簡単には捨てません。人材こそが第一の財産だと考えているからです。そんな中小企業を選んでも良いのではないでしょうか。就職先が人生を決めるのではありません。人生を決めるのは、自分自身なのです。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS