人口を減らし、資源を尽かせることなく強制労働をさせることで世界を維持させようとする世界の影の支配者がいる─。こう言うと漫画のような陰謀論ですが、実は日本ではこのような体制ができあがりつつあるようです。今回のメルマガ『j-fashion journal』では、著者でファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さんが、日本の若者たちに働き方、考えについて警鐘を鳴らしています。

この記事の著者・坂口昌章さんのメルマガ

初月無料で読む

若者を働き蜂にする方法 1.人口減少戦略は陰謀論か

世の中には陰謀論といわれる話があります。例えば、世界の影の支配者は、世界の人口を減らしたいと思っているとか。人口が多過ぎると、世界の資源は尽きてしまう。人口を減らせば、世界は維持できます。

人口は減らしたいけど、労働力は必要。個人の幸せを追求するのではなく、国や組織に忠誠を誓い、一生懸命に働いてくれる労働者です。

以上を強制的に行うのは大変なことです。戦争を起こしたり、生物兵器等を使って人口を減少させる。また、独裁による全体主義国家を建設し、人々に強制労働をさせる。

しかし、現実をみると、日本ではこうした体制が出来上がっています。戦争も独裁政治も必要ありません。

少子化で人口は減っているし、若者は安い給料で一生懸命働いています。彼ら、彼女たちの生きる目的とは何でしょうか。あるいは、人生の喜びとは何でしょう。恋愛も、結婚も必要とせず、推しのアイドルや二次元の異性で満足しているのです。

日本の若者は、働き蜂のようです。大きな組織の中で与えられた役割を黙々とこなして、死んでいく。これは自然にそうなったのか。それとも、誰かの意図によってそうさせられているのでしょうか。

この記事の著者・坂口昌章さんのメルマガ

初月無料で読む

2.他人に迷惑をかけずに生きる

もし、自分が世界の影の支配者なら、日本を手本にするでしょう。そうすれば、人口は減少し、従順な若者が一生懸命働いてくれます。西欧人のように個人主義でわがままな主張を振りかざしたりせず、同調圧力の中で集団の方向性に従います。

働き蜂を育てるにはどうすればいいのか。まず、小さい時から徹底して自分を抑え、協調性を優先する訓練をします。それには、「他人に迷惑をかけない」ことを約束させることが有効です。

日本にいると、当たり前のように「他人に迷惑をかける」ことは悪いことだと思い込みます。しかし、海外ではそうではありません。他人に迷惑をかけられるのは嫌だが、迷惑をかけることは嫌ではない。そういう人が多いのです。

日本では「相手の立場になって考えなさい」「自分がされて嫌なことは相手にしない」ことを徹底的に訓練されます。

これにより、喧嘩や対立はなくなります。例えば、同じものを相手と取り合うとします。相手の気持ちを優先すれば、自分が諦めるしかありません。先に相手の気持ちを考えれば、自分の主張を通すことはできなくなる。というより、「対立すること」そのものが悪いことだと考えるようになるのです。

この訓練により、周囲の意見に自分を合わせることが良いことになり、自分独自の意見を主張するのは悪いことになっていきます。命令に逆らうこともなくなり、周囲の意見に自分を合わせるようになる。支配する側にとって、これほど好都合なことはありません。

3.恋愛は負け組のすること

更に、小学校、中学校の頃から、勉強を優先させ、恋愛に目を向けないようにします。愛する人ができると、支配者からの命令よりも、愛する人の幸せを優先するからです。

また、恋愛、結婚と進めば、やがて出産します。人口減少を目指すならば、結婚、出産を抑制するべきです。

「学生は勉強することが本分であり、異性に気を取られるようでは負け犬になる」と徹底して教育します。

日本では若い男女が出会える場が用意されていません。海外では、学生の時にダンスパーティーがありますが、日本の学校では公式行事として男女が参加するパーティーは存在しません。

男女の交際のマナーも教えません。どのように出会い、どのように声をかけ、どのように付き合うかは、親も教師も教えない。アニメや漫画で独学するしかないのです。

社会人になれば、「社会人の本分は仕事であり、恋愛にうつつを抜かしているようでは出世はできない」と教育します。そして、恋愛する暇がないほど、残業やノルマで縛り上げます。

更に、将来の不安を煽り、お金儲けだけを考えるように誘導します。恋愛より投資を優先させるのです。

結婚についても、家の近所にコンビニがあれば食生活にも困りません。一人で気楽にゲームや趣味に打ち込む方が楽しいし、恋人との交際にお金を使う必要もないので、経済的な余裕も生れます。

この記事の著者・坂口昌章さんのメルマガ

初月無料で読む

4.働き蜂はリスクが小さい

学生の時に一生懸命に勉強すること。就職してから一生懸命に仕事をすること。定年までに投資をして、老後の生活の安定を考えること。多分、これが現代人の模範的な生き方です。それは、模範的な働き蜂の生き方でもあります。

働き蜂は結婚しないし、子供も作りません。子供を作るのは、女王蜂の役割です。支配者層は自分の子孫を残し、人生を謳歌します。

働き蜂は一生独身で与えられた仕事をこなします。働き蜂はそれを納得しています。働き蜂同士で競争し、自分が勝ち組か負け組かを強く意識します。しかし、どちらも働き蜂であることに変わりはありません。

我々には自由が保証されています。自分の人生をどのように生きるかは、自分で決めることができる。しかし、周囲に働き蜂しかいないと、他の生き方を見いだすことができません。自由が保証されている中で、働き蜂になることを自ら選んでいるのです。

働き蜂になれば、住宅が保証され、仕事が与えられ、飢え死にすることはありません。働き蜂になることは「リスクが小さい」のです。

もっと楽しい人生があるのかもしれないけど、それを望むのは贅沢です。働き蜂として、一生を全うするのが分相応の幸せというもの。

本当にそんな人生で良いのでしょうか。皆さんはどう思いますか。

編集後記「締めの都々逸」

「リスク回避の人生よりも 一か八かで 勝負する」

不要不急の外出を控えて、会社と家を往復するだけというのは、刑務所と同じだと思います。美味しい食事をするのは不要不急でしょうか。恋人と語り合うのは不要不急なのでしょうか。仕事以外のこと、生活を維持する活動以外のことを不要不急という理由で制限するのなら、我々は何のために生きているのか分かりません。

何のために仕事をして、何のためにお金を稼いでいるのか。生活を維持するだけというなら、それは奴隷と同じです。奴隷も生活が保証されています。しかし、奴隷は結婚もできません。でも、奴隷は結婚なんてつまらないと信じています。

奴隷同士で、自分の主人がどんなに偉いのかを自慢し合うのは、会社の自慢と同じです。奴隷解放なんて奴隷にとって迷惑だったでしょうね。生活が保証され、誰に所有されているかも明確だったのに、自由になったら全てが崩壊するのですから。(坂口昌章)

この記事の著者・坂口昌章さんのメルマガ

初月無料で読む

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS