広瀬すず(22)と櫻井翔(39)のダブル主演となる連続ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)の第1話が11日に放送され、平均視聴率が11.4%を記録して2桁スタートを切った。まずは上々の滑り出しとなった同ドラマだが、最も注目されているのは主演を務める2人ではない。実はそれ以上に、同い年である広瀬と橋本環奈(22)の初共演が話題となっている。

ずっと“避けていた”同い年女優の共演

ドラマは広瀬演じる天才助手・美神アンナと櫻井演じるポンコツ探偵・風真尚希の凸凹バディが、コミカルなやり取りで難事件を解決していくミステリーエンターテインメント。

広瀬は2019年4月期に放送された連続テレビ小説『なつぞら』以来、櫻井は嵐の活動休止後、初の連ドラ出演となる。

共演者には江口洋介(53)や仲村トオル(55)、真木よう子(38)などビックネームが並ぶ中、注目されているのは橋本環奈。1998年6月生まれの広瀬すずと1999年2月生まれの橋本環奈は同学年なのだ。

【関連】広瀬すずが「性欲」我慢の限界?キンプリに新田真剣佑、男大好き奔放女優が“男性器”におわせでアリスも困惑

広瀬すず&橋本環奈_比較表

しかし、10代の頃から女優として活躍したきた2人だが、これまで共演したことは一度もなかった。一体それはなぜなのか?

学園ドラマで同じ生徒役として共演してもおかしくはないはずだが、2人の売れ方がまったく違うため共演が実現しなかったのである。

広瀬は「Seventeen」の専属モデルをきっかけにデビューしたものの、早い段階からドラマや映画などに出演。

2015年に出演した映画『海街diary』ではその演技力が高く評価され、数多くの映画賞で新人賞を総なめにした。広瀬は若手女優の中でも本格派として地位を築いてきたのだ。

一方、橋本は周知の通り奇跡の一枚をきっかけに、「1000年に1人の美少女」として注目されて以来、バラエティ番組を中心に活動。ドラマや映画に出演しても、演技というよりはそのかわいらしいルックスに需要があった。

共通点は同い年ということだけで、芸能界に入ってからはそれぞれ異なる道を歩んできたといえる。

【関連】島田紳助「喜び組」次の告発者は小林麻耶。芋づる式で出てくる“枕営業”タレント、大手メディアが報じない禁断の実名

広瀬すず&橋本環奈「不仲説」の真相

とはいえ、1998年生まれ世代を代表する2人であることに間違いはない。だが、あまりにも接点がないため、いつしか広瀬と橋本には“不仲説”がささやかれ、共演NGともいわれるようになった。

芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「過去に一部のメディアが広瀬さんが橋本さんを嫌っていて、橋本さんの名前が出ると『環奈じゃ相手にならないよ』と言うのが口癖になっていると報じたことがあります。実際にそこまではっきり言っていたかどうかはわかりませんが、お互いに意識していたことは事実のようです」

2人と同い年の女性芸能人といえば、「まいんちゃん」として知られる福原遥や平祐奈くらい。それぞれの存在を意識するのは当然かもしれない。

「ただ、不仲だったから今まで共演がなかったというのは違うと思います。活躍してきたフィールドが違うため、共演しても“お互いに得はしない”と事務所が避けてきたとみられます。でも、最近は橋本さんが本格的に女優業への進出を狙っているようなので、“ライバル”関係に発展していくかもしれません」(前出・芸能記者)

今回のドラマ『ネメシス』の番宣のため、2人は櫻井とともにいくつかの番組に出演しているが、傍から見てもぎこちなさがわかってしまう。

【関連】島田紳助だけじゃない“枕営業の優良顧客”マリエすらチクれない売春アイドルリスト「一晩47万円」のゲスな中身とは

また、それぞれTwitterで共演についてツイートしたり、写真を投稿したりしているが、こちらも打ち解けていない感が明らか。むしろ、“不仲説を打ち消すのに必死”ということが伝わってしまっているようだ。

女優としては広瀬すずが橋本環奈に“圧勝”

ドラマ『ネメシス』で禁断の初共演を果たした広瀬すずと橋本環奈。同い年ということで互いに意識する存在ではあるものの、女優として見た場合、広瀬の“圧勝”といって良い。

今回のドラマでは日本テレビがジャニーズに忖度して、櫻井とのダブル主演という形になっているが、実際の主演は広瀬。それに対して、橋本はだいぶ下の番手に位置している。

「もともと広瀬さんが主演することは決まっていました。そこから他の役のキャスティングをしていきますが、橋本さんの出演が決まったのはだいぶ後だったそうです。これは日本テレビが“広瀬すずと橋本環奈の初共演”という話題作りのために、キャスティングしたのではないかと言われています」(前出・芸能記者)

広瀬はNHKの朝ドラでも主演を務めた実力者。美少女キャラや学園もののヒロインばかり務めてきた橋本とは圧倒的な差がある。

「ドラマや映画業界では広瀬さんと橋本さんは同列ではありません。ランクがまったく違います。今回のドラマがコメディタッチということもあり、橋本さんはキャスティングされています。これがシリアス系のドラマであれば声は掛かっていないでしょう」(前出・芸能記者)

この現状を誰よりも痛感しているのは橋本自身。広瀬の背中はだいぶ先にある。だからこそ、橋本は広瀬と一緒に番宣に出たりする際、一歩引いたり、出しゃばらないようにしているとみられている。

【関連】本田翼「セックス禁止令」説の真偽は? CM17本契約でオトコ断ち、佐藤健&菅田将暉との熱愛消滅との観測も…

すずを利用して一発逆転を目論む橋本環奈

しかし、ここへ来て橋本環奈も路線変更に走っている。

今年3月から放送され、主演を務めている「連続ドラマW インフルエンス」(WOWOW)では本格ミステリーに挑戦。

また、2022年2月から上演される舞台『千と千尋の神隠し』(帝国劇場ほか)では、上白石萌音(23)とダブルキャストで主役の千尋を演じる予定。橋本にとっては初の舞台出演となる。

これまでの美少女や学園ヒロインから脱し、本格女優の道を進もうとしているのだ。

そんな中、今回のドラマ『ネメシス』は広瀬との実力差があることを承知の上でオファーを受けたとみられ、出演には別の狙いがあったとする見方があるようだ。

「橋本さんは広瀬さんを“利用”しようとしているのではとみられています。主演である広瀬さんを食ってしまい、存在感を示そうということです。そうでなければ、今回のドラマに出演する橋本さんのメリットが見当たりません。広瀬さんの足元をすくおうとしているのは明らかです」(前出・芸能記者)

【関連】禁断の大野抜き「4人嵐」の現実味。櫻井、二宮、相葉を囲い込む日テレ、距離を置く松本の“怒り”は爆発寸前

女優としての人気も実力も完敗している橋本環奈。今回のドラマで広瀬すずに一泡吹かせ、一発逆転することはできるのだろうか。

今後も2人の共演シーンから目が離せなくなりそうだ。

Twitterの反応

橋本環奈と広瀬すずが共演は神ってる。笑

— し つ ち ょ ー (@Hinarail_N04) April 4, 2021

ただ広瀬すずちゃんと橋本環奈ちゃんを可愛いと言うだけのドラマ始まりました

— きりんさん (@kireeeeee_n) April 11, 2021

広瀬すずちゃんと橋本環奈ちゃん共演したの今知った、、!すごい嬉しい…

— ちゃこ (@osinoirusekaii) April 11, 2021

橋本環奈さんと広瀬すずさんの共演はめちゃくちゃ嬉しい!
ずっとふたりの2ショットを見るのが夢だったし、不仲説とかも少しあったから仲良しな美女ふたりを見ていると、心があったかくなります
ネメシス楽しみだなぁ〜♥️

— なつき (@szlover_kurumi) April 4, 2021

この世のアイドルで
1番可愛いのは橋本環奈ちゃんだと思ってるんだけど、最近見たCMで広瀬すずちゃんがとてつもなく可愛い

— さよ (@lovechocomint26) April 10, 2021

橋本環奈と広瀬すずの不仲説濃厚だな

— もぶまる (@0619_Mg) January 20, 2019

橋本環奈と広瀬すずが共演しないのはダウンタウンがとんねるずと共演せず不仲説が流れたのもそうでキャラが近いし共演したらお互いに相殺してしまう可能性があるんだろうな

— 51くん (@tsuchiNOKO51) February 10, 2019

image by : 左 広瀬すずフォスタープラス公式サイト / 右 Dick Thomas Johnson / CC BY 2.0

MAG2 NEWS