現在放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』に天璋院役で出演し、今年秋から始まるNHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の主演が決定している上白石萌音(23)。女優として大活躍を見せているが、その一方でネットやSNSなどでの執拗な“容姿イジリ”に悩み、深い心の傷を負っているという。

上白石萌音がカバーアルバムで美声を披露

女優だけではなく、実は歌手としての一面も持っている上白石。23日にはカバーアルバム『あの歌-1-』『あの歌-2-』を同時リリースした。『あの歌-1-』には70年代楽曲カバー、『あの歌-2-』には80-90年代楽曲カバーが収録され、普段はあまり聞けない上白石の美声を楽しむことができる。

その発売を記念して、YouTube特別番組が23日と30日に公開されるなど、上白石は女優とは違う動きも見せている。

そんな上白石がYahoo!ニュースのインタビューに答え、現在の心境や自身を取り巻く環境の変化などについて語った。

【関連】横浜流星のファン離れが加速?『着飾る恋』で向井理に完敗、人気低迷で俳優生命の危機、熱愛報道が致命傷の恐れも

SNSでの“容姿イジリ”に思い悩み傷つく日々

記事によると、上白石はSNSを見ないようにしているといい、その理由に「容姿のことや表現力のことで、嫌なことを言われたりします」と語っている。

たしかにネットやSNSには上白石に対して「かわいくない」などの書き込みが多く散見され、“容姿イジリ”をされているようにみられる。

おまけに上白石が人気俳優やイケメンアイドルとの共演が多いことから、そうしたファンたちから心無いバッシングを受けている。

表に出て芸能活動をしている以上、アンチな意見が出てしまうのは仕方ない部分でもある。それはそれと割り切って気にしなければよいという考え方もあるが、上白石の性格上そうはいかないようだ。

上白石は自身の容姿をイジられることについて、「見た目のことを言われると、『でもさ、どうしようもないんだよね』って思う。だから怒りよりは悲しみにいきます」とし、「そういうときにできた傷って完治はしない」と語った。

自分に対して自身を持つことができず、自分のことを好きではないとも明かした上白石。芸能人というとガツガツしてハートも強い人というイメージが強いが、上白石は真逆。誰よりも繊細で傷つきやすい性格なのだ。

それゆえ、他人の意見を否定することができず、批判的な意見に心を痛めてどんどん思いつめてしまい、自分を追い込んでしまう。

【関連】嵐、“分裂の危機”が鮮明に。二宮の露骨なパパアピールにファン激怒、櫻井&相葉だけのNHK五輪で再集結の望み消滅

ドラマや映画で大活躍を見せる裏で、上白石は深い心の闇を抱えていた。

しかし、そんな他人の意見に惑わされる必要はない。上白石の良さを十分理解してくれるファンはアンチ以上にたくさんいるのだ。

急増する“アンチファン”の多さは人気になった証

中学1年生だった2011年、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』で審査員特別賞を受賞し、グランプリを受賞した2歳下の妹・萌歌とともに芸能界入りした上白石萌音。

2016年公開のアニメ映画『君の名は。』の主人公・宮水三葉の声を担当して注目されると、2020年放送のドラマ『恋は続くよどこまでも』で主役を演じて一気にブレイク。

今や同世代の中でもトップクラスの活躍を見せオファーが殺到。特にここ数年の勢いは凄まじいものがある。

一方、人気が出てくれば“アンチ”が増えてしまうのも、芸能人にとってはあるあるの現象。ただ、裏を返せばアンチの数だけファンがいる、「アンチは人気のバロメーター」というのも事実だ。

【関連】華原朋美“戦略的デブ化”の決断と苦悩とは?激太りBMI上昇で仕事殺到「目標体重100kg」説まで飛び出しファン歓喜

人気俳優のファンなどから「何で上白石萌音が人気あるのかわからない」「女優なのにまったく華がない」「顔が地味。田舎くさい感じがする」など批判の声を浴びているのはたしか。

しかし、そんなものはごく一部で、「萌音ちゃんかわいい」「ドラマの萌音ちゃんのような恋をしたい」「男性にモテる要素を持っている」など肯定的な意見は山ほどある。

ネットやSNSではどうしてもネガティブな意見に目がいってしまう。数ある中のひとつだとしても、その悪い印象が強ければ、自分の心の中に重く残ってしまうのだ。

上白石に必要なのはまず自分自身を信じること。応援してくれるファンたちの顔を思い浮かべていれば、批判的な声など気にならなくなるだろう。

【関連】竹内涼真は“巨乳ハンター”だった? SNS乗っ取りで疑いの目、「男遊び&仲間の悪口」誤爆ツイート垂れ流し系アイドルのとばっちり受ける

実は「酒豪&片づけられない女」イメージのギャップ

ドラマや映画で演じるキャラクターから、上白石は真面目で素直な性格というイメージが強い。たしかにそうした一面もあるが、実はまったく異なる顔も持っている。

芋焼酎の本場・鹿児島出身だけあってかなりの酒豪。どれだけ強いお酒を飲んでもまったく変わらないといい、『恋つづ』のスタッフらと焼肉へ行ったという俳優の佐藤健(32)は、そのあまりの飲みっぷりの良さに驚いたといわれている。

芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「上白石さんはお酒に強いことから、担当マネージャーからも『萌音はいくら飲んでもよい。セーブしなくて大丈夫』と不思議なGOサインが出ているそうです。また、日本酒に含まれる成分に美肌効果があると聞いてからは“日本酒美容法”を実践しているとか。夜な夜な日本酒をガバガバと飲んでいるといわれています」

また、“片付けられない女”の一面も持っていて、部屋はかなりの散乱状態。現在、上白石は妹の萌歌と都内で二人暮らしをしているが、姉妹揃って片付けられないため、家の中は散らかし放題だという。

こうした世間一般の人たちが思い描くイメージと異なる部分を見せていけば、そのギャップに好感を持ってもらえるはずだ。

演じる部分でも、今は自身のキャラクターに近い役が多いが、180度違う悪役やヒールを演じて二面性を見せれば、一気にアンチを黙らせることができるかもしれない。

【関連】中居正広が事務所独立を大後悔!? キムタク海外大作ドラマ大抜擢の影で番組打ち切り連発のリーダー、明暗くっきり元SMAPの2トップ

上白石萌音の魅力はまだまだこんなものではない。さまざまな役を演じて、女優としてもっと大きく成長していくだろう。

Twitterの反応

もねちゃんは「SNSを見ないようにしている」そうだ。あのかわいい笑顔の裏で一生完治しない傷を負ってるんだよ。
すべてのそれらの無情な誹謗中傷は、この親切な女の子から離れてください、もねちゃんがその素敵な笑顔と良い性格を永遠に保ち続けてくれることを願っています。#上白石萌音 pic.twitter.com/6Sxir0LXNb

— フィオン (@fonfonfony) June 22, 2021

キリッと賢くて、ふんわりやわらかい、それはそれは素敵な俳優さんが現れたなーと思って、とても応援している。萌音ちゃん!

自己肯定感は低い、でもそのほうが成長できる――上白石萌音が抱え続ける「マイナスの焦り」(Yahoo!ニュース オリジナル 特集)#Yahooニュースhttps://t.co/or86dHHsrX

— 長嶺李砂(ながみね りさ) (@lisa123daaaa) June 23, 2021

私は萌音ちゃん、可愛いと思うし、大好きだよ!性格とか本当にいいし、友達になりたいタイプ!#上白石萌音 https://t.co/iGdNpSJfej

— ♡ (@a24t21) June 22, 2021

上白石萌音ちゃんの歌声は本当に癒されるなぁ〜( ◜ ࿀ ◝ )
イヤホンで聴くとやばい

— あ や か (@a_y_k_____) June 23, 2021

萌音ちゃん天才まじでカバーアルバム素敵すぎる。歌声超綺麗お強い#あの歌#上白石萌音

— s. (@sssmame1) June 23, 2021

てか今調べたら上白石萌音ちゃんめっちゃ賞取ってるんだね。
演技が評価されてテレビ出てるのにゴリ押しとか言ってるアンチばかじゃね?
無知なやつらめ#上白石萌音

— それはなんなん (@im_alittlebossy) March 28, 2021

どうしたってアンチは湧いてきます
きっとあの人やあの人にだって

価値観は人それぞれです

ありのままの萌音ちゃんでいいと思う
そこで悲しくなってる萌音ちゃんも萌音ちゃんであることにかわりはない

自信のない萌音ちゃんも魅力的だよ☆#上白石萌音 https://t.co/jYAX1ugF6v

— あくあら (@entame35468599) June 22, 2021

【関連】石原さとみ、新垣結衣に完敗で「年末濡れ場解禁」を準備か。“婚活女子の嫉妬”で人気凋落ドラマ大コケ、もう小悪魔キャラは寒いだけの声

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by : 上白石萌音オフィシャルサイト

MAG2 NEWS