俳優の山﨑賢人さん(29)と女優の広瀬すずさん(25)の“半同棲”発覚から間もなく2年。目黒界隈でしばしば目撃されるなど2人の交際は順調と見られますが、「結婚」となると話はまた別のようです。映画関係者も不安がる、現在進行形の「黒歴史」とは?芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さんが解説します。

山﨑賢人&広瀬すずの「結婚」はしばしお預け?

“半同棲”交際が公になってからもうすぐ2年、山﨑賢人と広瀬すずの周辺が騒がしくなっています。

少し前には“結婚も間近”と噂されていたすずの姉・アリスと『SUPER EIGHT』大倉忠義の破局が伝えられ、仲のいい妹としても気が気でないのではないでしょうか。

山﨑や広瀬に限らず、人気俳優の結婚ともなれば“見えない外圧”が強く働くのが日本の芸能界の特性と言えるでしょう。

ちょっと気になる山﨑の記事を掲載したのは5月17日付けの『女性セブン』でした。

珍しく無精ひげをたくわえた山﨑が『陰陽師0』の打ち上げパーティで西麻布に現れたのです。

【関連】共演者キラー・高橋一生の「すごい女性遍歴」に芸能記者が震えた訳。一生結婚できないKD男子はなぜ飯豊まりえと“ジョジョ婚”に至ったのか?

山﨑賢人 現在進行形の「黒歴史」に関係者からも不安の声

人気シリーズ『キングダム』主演の山﨑と、アカデミー賞でアジア映画として初の最優秀視覚効果賞を受賞した『ゴジラ -1.0』のスタッフがタッグを組んだことで話題になったのが『陰陽師0』です。

映画の興行収入成績ははっきりと数字として残ってしまうもので…私は勝手に“打ち上げパーティは無しか…”なんて思っていました。

もし開かれたとしても、ド派手なホテルの宴会場や有名高級レストラン貸し切りは難しいだろうな…とも。

『陰陽師0』は公開前にその特撮の素晴らしさや、羽生結弦の名前まで出して話題になったものの、残念ながら興収は、この出演者たちや大作と言ってもいいほどの作品規模からすれば、あまりにも酷な結果で終わるかもしれません。

このことについて『女性セブン』では“競合作品が多いこの時期の公開にしては大健闘”という表現で言葉を濁していますが、ある映画関係者は「間違いなく山﨑のフィルムグラフィの黒歴史になってしまったでしょうね」と話していました。

この“黒歴史”をわかりやすく数字を挙げてみましょう。

山﨑の御用達媒体は“『陰陽師0』が1ヶ月で74万人超の観客動員数、興収も10億円を突破!”とはやし立てていますが、今年1月、同じく山﨑の主演映画として『ゴールデンカムイ』が公開され、こちらは公開1ヶ月で156万人超の観客動員数、興収は23億円を突破していました。

単純に比較すれば、『陰陽師0』は『ゴールデンカムイ』の半分にも届いていないわけです。

結局『ゴールデンカムイ』は3ヶ月弱の公開で興収は約29億5千万円に終わったのですが、昨年7月に公開された『キングダム 運命の炎』が約56億円の興収を残していることから、山﨑主演公開作品の右肩下がりの結果に、人気のかげりを心配する映画関係者も少なくないようです。

【関連】水上恒司に山﨑賢人は負けるのか?記者も驚いた『あの花』vs『ゴールデンカムイ』新春映画対決ウラ事情

目黒界隈で頻繁に目撃される山﨑賢人&広瀬すずだが…

この西麻布のパーティが“妻同伴OK”の宴席だったことも『女性セブン』は報じています。

この映画には山﨑の俳優デビュー作で共演して以来、プライベートでも付き合いがあるという染谷将太が出演しており、その妻であり女優の菊地凛子がパーティに顔を見せていました。

これに私は“山﨑と広瀬のツーショットを狙っていたというわけか…”と勝手に妄想しました。

横断歩道を歩く染谷♡菊地の写真に、“これが山﨑♡広瀬だったら、現場は嬉しかっただろうに…”と。

目黒界隈で頻繁に目撃されている2人ですし、妻同伴OKの情報を得て、“広瀬が来るかもしれないぞ!”という着眼点までは良かったのですが…残念!!

21時から始まったパーティは日付けが変わるまで続いたということは、少なくとも3時間、現場には記者とカメラマンが息を殺して張り付いていたことになります。

【関連】中条あやみ「妊娠発表」へのカウントダウン!? 妊活の“ベストタイミング”に芸能マスコミがこだわるワケ

お疲れ様でした…その苦労が報われますように。今度こそは…。

【関連】タワマン刺殺の新疑惑 ストーカー規制法「悪用詐欺」説が囁かれる訳。各社報道と女性インスタに矛盾、嘘をついているのは誰だ?

【関連】三浦春馬「毒親育ち」のあの日々…宮沢りえ、安達祐実も共通「しんどすぎる親子関係」に記者が感じた絶縁できぬ悲哀

【関連】ジャニ担記者の「優雅な日常」が崩壊!芸能記者が明かすSTARTO社「アゴアシ廃止」の裏事情…“ストスノ未満”のニュース消滅も?

【関連】亀梨和也&田中みな実に「結婚秒読み」説が急浮上。オリラジ藤森の新婚生活が「6月のあてつけ婚」を誘うと記者がみる訳

【関連】広瀬すずが川口春奈を「キックでボコボコ」で注目! 記者が推測するストレスと男事情、「女優2人飲み会」女子トークの中身

【関連】なにわ男子・道枝駿佑 主演大コケで“ドラマ出禁”危機も…記者が掴んだ「映画関係者の意外な期待」と起死回生の可能性

プロフィール:芋澤貞雄

1956年、北海道生まれ。米国でテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌などで30年以上、芸能を中心に取材。代表的スクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在も幅広く取材を続ける。https://twitter.com/ImozawaSadao

記事提供:芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄の「本日モ反省ノ色ナシ」

image by: 山﨑賢人 | スターダストプロモーション

MAG2 NEWS