菅義偉官房長官は27日の衆院予算委員会で、「桜を見る会」の招待者名簿のログを開示できない理由を語ったと毎日新聞などが報じた。菅氏によると、招待者名簿の電子データ廃棄記録と同じシステムを国家安全保障局も利用しており、記録を確認すると国家機密漏えいの危険が増すとのことから、「確認は不正侵入の検証などの範囲内で行なう」と述べたという。野党側の開示請求には、「廃棄の時期は各省庁の判断に委ねられている」とし、応じない姿勢を見せた。

同予算委員会では「桜を見る会」や、IR汚職事件、官僚の辞任などについて安倍首相に答弁が求められたが、またしても「実質ゼロ回答」。議場は野党からの野次で大荒れとなった模様だ。

提出されたのは黒塗りの資料

今日、内閣府から提出された桜を見る会の文書。総理の工程も、桜を見る会の進行予定も、真っ黒。安倍後援会が正規の案内の開門・受付開始の30分以上前から入園して総理と写真撮影してますが、安倍後援会の行事を、政府公的行事に組み込んでいることを隠すための黒塗りでしょうか。 pic.twitter.com/HrKHK7D64c

— 宮本徹 (@miyamototooru) January 27, 2020

内閣府は2013年に開催された「桜を見る会」の実施要領や飲食物提供業務の入札結果などが記載されている約500枚の資料を、参院予算委員会理事懇談会に提出。しかし、当日の首相行程案などは黒塗りになっていた。安倍首相の地元支援者などを開門時刻より前に入場させ、首相や昭恵夫人と写真撮影をし、特別扱いしたことが判明していたが、野党側はこうした「特別扱い」を隠すためだとして反発した。

また、首相の後援会関係者が多数招かれていたことについては、「招待基準が曖昧だった」とし、「歴代内閣でも地元の方の出席はあった。他のときにひとりも呼んでなくて、わたしのときに増えたというわけではない」と回答した。

IR、米から要請は「一切ない」

首相は、2017年2月のアメリカ訪問時に出席した朝食会で、アメリカのカジノ事業者と意見を交わしていた。しかし、事業者からの参入要望はなかったとし、「今日に至るまで、トランプ米大統領から要請を受けたことは一切ない」と述べた。また、収賄容疑で逮捕された元IR担当内閣府副大臣の秋元司容疑者からの働きかけについても「なかった」と答えた。

河井夫妻に1億5000万「問題ない」

安倍首相は、河井前法務相夫妻の政党支部に、合わせて1億5000万円が党本部から振り込まれていた件について問われると、「政党本部から支部への政治資金の移転は何の問題ない」と答えた。しかし、2019年参院選の広島選挙区(改選数2)、河井案里参院議員の強豪相手だった溝手顕正・元防災担当相の陣営には1500万円が振り込まれており、党本部の肩入れぶりが露骨に出ていることなどから、自民党内からも不満の声があがり始めている。

あまりに乱暴な首相の答弁に集まる批判

立憲民主党の蓮舫参院幹事長は27日、「桜を見る会」についての安倍首相の答弁を「他の首相も後援会を招待していたと自分を正当化した、あまりに乱暴な答弁だった」と怒りをあらわにした。また、国民民主党の原口一博国対委員長は、「桜を見る会」の前夜祭についての明細書公表を首相が拒否したことに触れ、「犯罪を構成する事実を隠そうとしているのではないか。目が泳ぎ、感情的になっていた」と話した。

Twitterの声 

安倍首相の答弁に、日本のネット上からも怒りの声があがっている。

久しぶりに衆院予算委で安倍総理の答弁を見た。何を聞かれても呪文のように「定型文」を繰り返し、質疑が噛み合わないことを狙っているかのよう。ひとたび、無理筋のシナリオを描いてしまうと、辻褄が合わなくても強引に言い繕う手法が繰り返されてきたが、過去との違いは「勢い」が衰えていることだ。

— 保坂展人 (@hosakanobuto) January 27, 2020


国会中継をちらっと見ましたが、安倍総理が延々と同じところを読んでいます。安倍総理のような、こんな嘘ばかりの人間がいつまでも総理をやっていること自体が大問題です。

— 青木正雄 (@ouendan10) January 28, 2020


実はかなり安倍政権の経済政策を批判してるんだけど一番の悲劇は「それでも他に任せられる人が居ない」って事。安倍政権の経済政策は増税しちゃったので個人的には今や50点台。でも野党が全部0点なんだから「どっちを選ぶ?」と聞かれて0点は選べないのよ。もう雇用がボロボロになるのは嫌なんだよ。

— もりちゃん(CV:毒蝮三太夫) (@morichanemorich) January 27, 2020


小川議員の鋭い質問にボロボロの安倍。もう辞任しとこうよ  #国会中継

— ぼいるどたらば (@1Kxoqe5xIQU7Srx) January 28, 2020


桜問題。総理が見境がつかなくなった公私混同。ことの本質は衆議院議員安倍晋三さんが内閣総理大臣たる地位を利用して趣旨を歪ませて予算を執行した様々な法違反の疑いがある、と。
第三者委員会を設置せよ、と。

— 上西充子 (@mu0283) January 28, 2020


「桜を見る会」問題に費やされる国会審議の時間が本当に勿体ない。安倍首相が必要な記録を出せば1日で終わる話が、2ヶ月以上も長引いているのは本当に無駄としか言いようがない。そもそも、市民から搾り上げた税金で選挙区の有権者を買収したのに未練がましく首相の座にしがみ付いているのが言語道断。

— 異邦人 (@Narodovlastiye) January 27, 2020


安倍政権下での国会答弁は、論点のすり替え等による不誠実なものが多過ぎて、見る事がストレスでしかない。

もしも就職などの面接で同じ様な受け答えをする人がいたら合格する可能性はほぼ無いと思うのだが、今の政治家には必要なスキルだとしたら…

良い政治家は世に出て来れないということか。

— ようげんりょう (@gs110xsc11) January 28, 2020


国会答弁見ていて、いうは易し、なんだけど、安倍氏の回答が幼稚すぎて、更に内容自体も幼稚すぎて、頭が混乱する。今私何歳だろう、、とか思った。何もできず、私のような一国民の声はかき消されてしまうんだけどね。でも何かできるかもって、隙は狙ってる笑。

— JUN (@beckckck88) January 28, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:毎日新聞、共同通信

image by:首相官邸

MAG2 NEWS