宮内庁の西村泰彦長官が24日の定例記者会見で、「開催が感染拡大につながらないか(陛下が)懸念されていると拝察している」と発言したことが波紋を広げている。加藤官房長官は同日、「宮内庁長官自身の考え方を述べられた」と語り否定したが、開催まで1カ月に迫った東京五輪に大きな影響を与えそうだ。

天皇陛下が五輪開催を懸念 宮内庁長官が“拝察”

東京五輪・パラリンピックは天皇陛下が名誉総裁を務めている。拝察とはいえ、宮内庁長官の口から天皇陛下の考えが示されたことは深い意味を持つ。

開催を間近に控えた中での梯子を外されるかのような発言に、自民党内では「天皇陛下の政治発言は憲法違反だ」という意見も出ている。

しかし、東京五輪はあくまでスポーツの祭典だったはずだ。その名誉総裁を務める陛下が、事ここに至ってご懸念を表明したからといって、多くの国民は違和感を抱かないだろう。オリンピックを「政治利用」し、カネと利権の舞台に貶めたのは当の自民党である。

東京五輪に向けてさまざまな準備が進む中、いつの間にか日本中が「五輪開催は仕方ない」「東京五輪は開催されるもの」と思うようになってしまった。

だが、その流れはまた変わってくるかもしれない。なぜなら、天皇陛下のお言葉で国民が改めて気づかされたからだ。

振り返ってみれば、自民党が東京五輪開催のために行ってきたことはむちゃくちゃだ。

招致当初は「コンパクト五輪」というコンセプトを掲げながら、いざ蓋を開けてみれば利権だらけ、開催にかかる費用は湯水のように流れていき、予算などという概念はないものに等しくなってしまった。

また、無観客開催といっておきながら、1万人入れるだの、招待客は別だの都合の良い言葉ばかりを並べ、国民を欺いてきたのだ。

天皇陛下のお言葉は宮内庁長官の拝察とはいえ、騙されかけていた国民の意識を正常に戻してくれた。東京五輪開催について再考を促す一石となったことは間違いない。

【関連】徹底した媚中ぶり。国益ガン無視の二階幹事長が潰した中国非難決議

宮内庁長官が「天皇陛下を政治利用している」との指摘

宮内庁の西村泰彦長官の拝察に対し、「天皇陛下を政治利用しているのでは」との声もある。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏は24日、BSフジ『プライムニュース』に出演し、「政治利用される。西村さんの気持ちの中に陛下の気持ちを拝察する以上の事があると思われても仕方ない。天皇陛下を政治利用するのは日本にとって不幸だ。やるべきでない事をやった意味で宮内庁長官として大きな責任を問うべきだ」とコメント。西村氏自身の言葉も込められているのではと危惧した。

他にも“拝察”という言葉で政治利用されてしまっていると指摘する声は多い。

天皇陛下のお言葉を政治利用する君側の奸

五輪の感染拡大を陛下懸念 拝察#Yahooニュースhttps://t.co/Dp6CAobAkX

— 一色正春 (@nipponichi8) June 24, 2021

これ天皇陛下は無関係で宮内庁長官が空想したことを主張しているだけですね。「拝察」と書いてある。

マスコミ、こんなのばっか…
https://t.co/aaBv5VJ2cT

— 橋本琴絵 (@HashimotoKotoe) June 24, 2021

陛下本人のお言葉ではなく宮内庁長官の「拝察」とは、これは大問題。こんな事を認めていては陛下のお言葉を宮内庁が好き勝手に「拝察」して政治利用できる事になる。これに五輪反対派は喜んでるが、もし陛下が憲法改正に賛成、なんて事を「拝察」する人がいれば猛反発では。https://t.co/nW4cqCNhKa

— 黒瀬 深☔️🎴 (@Shin_Kurose) June 24, 2021

【関連】辛坊治郎氏が“死と隣り合わせ”の70日間ヨット航海で悟った「真の孤独とは何か?」

こうしたことを受け、菅首相は25日、記者団に対し「長官ご本人の見解を述べたと理解をしている」と述べ、加藤官房長官を同じ見解を示した。また、公明党の山口代表は「天皇陛下のご発言がどうかということをあまり詮索すべきではない」としている。

バッハ会長緊急来日の目的は天皇陛下拝謁のため?

そんな中、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が来月9日に来日することが明らかになった。NHKなどが報じた。バッハ会長は大会開幕直前の来月中旬に来日するとしていたが、予定を早めることになった。

なぜ来日の予定を早めたのか理由は明らかになっていないが、ネット上では「天皇陛下に拝謁するためではないか」との見方が出ている。

というのも、バッハ会長は2016年には天皇陛下に拝謁し、金メダルを渡すというパフォーマンスをしている。今回も拝謁して陛下にお墨付きもらって五輪開催の正当性を得ようとしているのではとされている。

今回の天皇陛下のお言葉を受け、IOCが慌てるのは当然だ。開催が目前まで迫る中、陛下が東京五輪を懸念しているとわかれば、一気に世論は開催中止に動き出す可能性もあり、バッハ会長が何もせずにはいられないはずだ。

【関連】史上初「オリンピック開催すなわち国民貧困化政策」を実証する東京五輪

しかし、国民の中にすっかり“悪”のイメージがついてしまったバッハ会長を天皇陛下に会わせるべきではないという声は多く聞こえてくる。

国民からすれば、バッハ会長の緊急来日は誰も望んでいないということだろう。

バッハ会長が天皇陛下に面会するなんてありえないと思います。欧州から来日、隔離期間も特例で設けず、いつどこで欧州の変異株保持者と接触したかも定かでないようなヤカラを、天皇陛下と直接対面させるなんて狂気の沙汰です。バッハ会長は何かあったら死んで責任とりますか? いえ、とれません!

— yodopk(転居人) (@yodopk) June 5, 2021

バッハ会長は来日を遠慮すべきです。

天皇陛下 会見での五輪言及ゼロに…「無言の抗議では」の声も(女性自身)#Yahooニュースhttps://t.co/sO3jRGi5Hc

— syaberinsky2020 (@syaberinsky2020) June 2, 2021

>バッハ会長は7月の来日でも、陛下との会見を要請

バッハ何様やねん(💢’ω’)!?

天皇陛下はお立場上断ることが出来ないからお会いになるらしい…

日本は植民地ちゃうのに💢

天皇陛下 会見での五輪言及ゼロに…「無言の抗議では」の声も(女性自身)#Yahooニュースhttps://t.co/0fmuNM4y7w

— flannel flower (@flannelflower11) June 2, 2021

強行開催しようとする自民党もバッハも“朝敵”

「開催が感染拡大につながらないか(陛下が)懸念されている」という、宮内庁の西村泰彦長官の拝察をすかさず否定した自民党。

東京五輪を何が何でも開催したいと目論むIOCのバッハ会長。

緊急事態宣言が解除され、再び感染拡大の兆候にある日本で五輪を開催することは本当に正しいことなのか?天皇陛下が懸念するのは当たり前の話で、正論としかいいようがない。

もはや天皇陛下だけが正しいことを言っているのであって、自民党やバッハ会長は間違った方向に進めようとばかりしているように感じる。

ネットでは「自民党は朝敵」「バッハも朝敵」という論調まででてきており、開幕1カ月前とはとても思えない様相だ。

果たして、陛下が心配する懸念を自民党や組織委はどう解消するのか?オリンピックは目前だ。

【関連】「赤木ファイル」で露呈した麻生大臣と財務省“遺族冒涜”の悪逆非道

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: Takamex / Shutterstock.com

MAG2 NEWS