12月3日午前6時37分に発生した、山梨県東部・富士五湖を震源とするM4.9(最大震度5弱)、震源の深さ20kmの地震。実は同震源地で3日午前2時18分ごろに震度4、さらに午前2時23分ごろにも震度3の地震が発生していた。わずか数時間のうちに3回も、震度3から5弱の地震が発生していたのだ。

スクリーンショット 2021-12-03 10.07.55

image by: 気象庁

これだけではない。富士五湖の震度5弱からわずか3時間後の同3日午前9時28分ごろ、今度は和歌山県紀伊水道を震源とする、M5.4(最大震度5弱)、深さ20kmの地震が発生したのだ。これには日本中の国民が朝から驚いたに違いない。全く異なる地域で数時間後に同規模の大きめな地震が発生することは稀だからだ。

スクリーンショット 2021-12-03 10.08.15

image by: 気象庁

ここで懸念されるのが、富士山噴火の兆候、そして南海トラフ地震発生の兆候だ。気象庁は3日朝、富士五湖の地震について次のような発表を出した。

過去の事例では、大地震発生から1週間程度の間に同程度の地震が発生した事例は1〜2割程度あることから、揺れの強かった地域では、地震発生後1週間程度、最大震度5弱程度の地震に注意してください。特に、地震発生後2〜3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くあります。(中略)

なお、富士山の観測データには特段の変化は認められていません。

今のところ、富士山噴火の兆候については特段の変化はないという。しかし2020年10月、静岡で3.11が発生した2011年以来の異常な湧き水が報道されたことを覚えているだろうか。東日本大震災の4日後の3月15日、富士宮市ではM6.4震度6強(深さ14km)という巨大地震が発生している。3.11の影に隠れてあまり大きく報じられなかったが、この地震は後に「静岡県東部地震」と名付けられた。

● 静岡で「2011年以来」の異常な湧き水。首都圏大地震の発生は近いのか?

そして長年懸念されているのが「南海トラフ」地震だ。和歌山の震源で大きな地震が発生したと聞いて、この地震を思い起こした人も多いことだろう。南海トラフでスロースリップが観測されたことは昨年1月に大きく報じられたが、このタイミングでTBS日曜劇場にて放送中のドラマ『日本沈没』を見ていると、その恐ろしさは現実味を帯びてくる。

【関連】南海トラフで「スロースリップ」観測。巨大地震との関連は?【関連】関東周辺で相次ぐ地震の発生。ネット上で「南海トラフ」が上位に

そして、一連の地震を受けて関東周辺の住民を震え上がらせているのが、首都直下地震発生の兆候だ。

現に、最近になって三浦半島周辺の「異臭」騒ぎが再発し、近いうちの巨大地震発生が懸念されている。

● 台湾でM6.5の地震発生。日本では横須賀で再び「異臭騒ぎ」首都直下地震は近いのか?

以前もお伝えした通り、この横須賀周辺の異臭やガス発生は、かの関東大震災の直後におこなわれた海洋調査で確認されている。すでに大正時代から三浦半島周辺では「ガス噴出」が起きていたのだ。

● 横浜駅「異臭」は地震前兆か?関東大震災でも三浦半島に「ガス噴出」の記述

これを偶然と見るか、前兆と見るかは人それぞれだろう。しかし、日本の地下では常に地殻変動が起きており、今朝のような震度5前後の地震が日本列島を襲うことは間違いないのだ。

【関連】地質学者が懸念する「令和関東大震災」と日本沈没の可能性。首都直下地震は近いのか?【関連】関東で地震の発生相次ぐ。江戸から伝わる「前兆」現象は本当か?
【関連】浅間山で火山性地震が増加。1931年「西埼玉地震」に酷似する前兆

今回は山梨県の内陸部、および和歌山県沿岸部での地震発生だったが、これが八丈島や鳥島沖などの太平洋沖で発生した巨大地震だった場合、揺れよりも怖いのが「大津波の発生」だ。実際に、東日本大震災では、揺れによる死者よりも、津波で多くの犠牲者を出してしまった。この地震の規模が大きければ大きいほど、津波が発生する範囲も広がる。横浜や横須賀での異臭騒ぎも「巨大地震発生の前兆」と言われて久しい昨今、地震情報には常に注意する必要がありそうだ。

備えあれば憂いなし

気象庁などの公的機関の情報を参考にするのはもちろん、地震の予知に関する研究を続けている機関の発行するメールマガジンを購読することも、防災に繋がる準備の一つ。避難経路の確認、防災グッズの準備、そして地震メルマガの購読などで事前に情報を得ておくことは、来るべき巨大地震への備えになるだろう。今一度、改めて身の回りの「防災準備」をチェックしてみることをオススメしたい。日本の地殻変動はまだ始まったばかりだ。

【読んでおきたい関連記事】● 横須賀で再び「異臭」騒ぎ。首都直下型地震の発生は近いのか?
● 首都圏直下地震の前兆か?地震雲、地鳴り報告ツイートまとめ

オススメの地震メルマガ

メルマガ『週刊MEGA地震予測』
フジテレビ「Mr.サンデー」「週刊ポスト」など数多くのメディアで取り上げられ、話題沸騰中・東京大学名誉教授村井俊治氏が顧問を務める、JESEAジェシア(地震科学探査機構)のメルマガ。
⇒詳細はこちら

メルマガ「最新『WEEKLY 地震予報』」

『地震』が事前にわかれば、自分と自分の大切な人の命が守れます。最新『WEEKLY 地震予報』は『地震予知』を行い、お知らせするサービスです(毎週水曜日+緊急号外配信あり)。地震に関する研究、大規模地震の前兆現象に関するモニタリングを行い、独自に観測データを解析して地震予測情報を配信しています。
⇒詳細はこちら

メルマガ『地震解析ラボの「週間地震予測情報」』
地震予測で大切なことは、できる限り短い期間(1週間単位)で「いつ」「どこで」「どのくらいの大きさ」を予測することです。地震解析ラボはご利用の皆様の生命、財産を守るために日夜、精度向上を目指しています
⇒詳細はこちら

image by: ETOPO1, Global Relief Model / public domain

MAG2 NEWS