7月27日の体操女子団体の決勝を「心の健康」を理由に途中棄権するも、8月3日に行われた種目別平均台決勝に出場し素晴らしい演技を見せたアメリカ代表のシモーネ・バイルズ選手。しかし彼女が負っていた心の病の根は、考えられないほどに深いものでした。今回のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では著者でジャーナリストの高野孟さんが、彼女も被害者の一人となっていた米国女子体操界の許しがたい事件のあらましを記すとともに、全てのスポーツで選手の「精神的健康」重視の体制を整える必要性を強調。さらに「呪われた」とさえ言われる東京五輪における「大きな成果」を紹介しています。

高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ

 

日本のメディアはあまり書かない、世界が注目した米国体操「シモーネ・バイルズ途中棄権」事件

米紙「ニューヨーク・タイムズ」(NYT)7月31日付のスペンサー・ボカト・リンデルによる論説「五輪は修復不能なまでに壊れているのか?」はこう書いている。「日本ではこの五輪は『呪われた』と言われてきて、それはコロナ禍の感染大爆発の中で国民の多くが歓迎しないのに無理やり開催されていることを指しているが、呪われているのはそれだけでない」と。彼は、五輪の金権腐敗、商業化、テレビ最優先、選手軽視、女性蔑視などの積年の悪弊を挙げ、とりわけ今回の米体操チームの花形=シモーネ・バイルズが途中棄権した事件を、その観点から論じている。

心と体がバラバラになる危険な状態

シモーネは、よく知られているように、前回2016年リオ五輪の体操で4冠を達成し、また2013〜19年の間に世界体操選手権で19個の金を含む計25個のメダルを獲得している、史上最高の選手(米国で偉大な選手を称えて言うGOAT=Greatest of All Time)である。それだけに、東京五輪でも大いに活躍することが期待されたが、27日の団体総合決勝で跳馬の演技を終えたところで、突然会場を去り、以後の試合を棄権した。

大勢のファンから「どうしたんだ?」と心配する声と共に、「途中放棄とは無責任だ」「弱さの表れ」といった非難の言葉も殺到した。それに対し彼女は、29日から自身のSNSで発信を再開、30日には自分が段違い平行棒の練習でミスをしている動画を公開し、「ここで見て分かるように、私は心と体が一致していないのです。皆さんはこのことが競技場の硬い床の上でどれほど危険であるか、分かっていない。体の健康は心の健康なのです」と述べた。さらにファンからの質問に答えて「twisties」という言葉を使ってこう説明した。

「時々、どうやって体をひねるのか分からなくなり、上と下の区別がつかなくなって、どこにどう着地するのかも分からなくなる。最もクレイジーな感覚。心身が同化していないと、体が石のように固くなる。これを解決するのに2週間以上かかることもある」と。

NYTはこの「トウィスティー」を「一時的な思考停止〔mental blockだが「心的障害」のほうが適訳か〕のために筋肉記憶や空中における空間意識を喪失すること」と説明し、「とりわけ彼女のように、他の選手がとても真似したがらない冒険的な技をひっさげて登場した選手の場合、これがどれほど危険なことであるかについて、体操界の認識は余りにも薄い」と指摘。そのため彼女は、5月のテニス全仏オープンで大坂なおみが「精神的健康」を理由に棄権したのに励まされて、今回の行動に踏み切ったのである。

【関連】倉持医師の正論に国民から大拍手、コロナ中等症「自宅療養」に批判殺到。菅政権の矛盾と隠蔽に公明党すら反旗、早くも方針撤回のグダグダ状態に

高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ

 

体罰・暴力・性的虐待が横行した米体操界

しかし、シモーネの心の病の根はもっとずっと深い。彼女は、幼い頃から「テキサスの不名誉なことに虐待的なやり方で知られるセンター」で練習を積み、やがて米体操連盟に認められてリオでスターにのし上がると、NBCの五輪はじめスポーツ中継ビジメスの「化身」にまで祭り上げられた。常勝スターでなければならない重圧の下、「爪先は折れ、腎臓結石に苦しみながら」試合に励まなければならなかった。しかもその裏側では、世界のスポーツ史の中でも最もおぞましい性的虐待事件が起きていた。

米体操連盟で30年間もチーム・ドクターを務め4回の五輪に帯同したラリー・ナッサーが、その職責を利用して何と250人もの女子選手に性的虐待を働いたことが発覚し、18年にミシガン州の禁固最大300年の判決を受けて服役中だが、シモーネもその被害者の1人だった。また、この医者を引き上げたのは12年ロンドン五輪で米女子体操チームの監督を務めたジョン・ゲダートで、彼は自分がミシガン州に所有するトレーニングセンターで医師として勤務していたナッサーを五輪ドクターに出世させるのに貢献し、2人でつるんで性的暴行を繰り返していた。

ミシガン州司法当局は、今年2月25日にゲダートを性的暴行、人身売買など24の重罪で起訴したと発表したが、その直後に彼は自殺した。シモーネがこのゲダートと接点があったかどうかは不明だが、暴行犯仲間の自殺は彼女にナッサーのことを思い出させ、心的障害を起こす一因となったかもしれない。

いずれにしても、これから五輪のみならず全てのスポーツで、選手の「精神的健康」を重視する体制を整えなければならなくなるだろう。ブルームバーグのティム・カプラン記者は7月31日付「ジャパン・タイムズ」の「五輪:コロナの恐怖か見えない心的障害か」と題した論説で、「もし選手が肩を壊したり足首を挫いたりしたことが分かれば、試合から退いてベンチに座らせるのがいいに決まっている。そうだとするなら、選手が精神的に不調である場合も同じように休ませるべきである」と書き、「こんな当たり前のことが今までほとんど議論されないできた」と嘆いている。

ドイツやノルウェーの女子選手たちも

このナッサー事件は、米体操界のみならず世界のスポーツ界に甚大な影響を与えた。

今大会のため来日したドイツ女子器械体操チームのパウリーネ・シェーファー選手は、7月23日SNSで、ワンピースの水着型のレオタードではなく、胴から足首までを露出させないユニタードの新ユニフォームの写真を紹介し、「私たちの新しいウェアはどうかしら?」と問いかけた。これには国際体操連盟はじめ多くの「いいね」が返された。

彼女らがこれを採用したきっかけは、まさにナッサー事件だった。今まで当たり前のようになっていたレオタードの着用は、演技そのものよりも女性のボディラインに関心を持つ人を生み出し、それを放置してきたことが、シモーネも被害者となった事件を生んだと考えた。それを英BBCは「ドイツ体操連盟はナッサー事件を見て体操の性的対象化に反対するために衣装を変更した」と正確に伝えた。

この流れは、女子ビーチハンドボールにも波及し、ノルウェーの選手団がビキニの水着の代わりに半ズボンを着けて出場すると決めた。同国選手団は、今月18日までブルガリアで開かれていた欧州ビーチハンドボール選手権大会で半ズボンを着用、欧州ビーチハンドボール協会から1,500ユーロ(約19万5,000円)の罰金を課せられたが、何するものぞと五輪でもこの路線を貫くことにした。

このように、いいことは何一つない東京五輪であるけれども、その中で長く蔑視や差別に晒されてきた女性アスリートたちが勇気を持って自己主張し始めたのは大きな成果である。

高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ

 

クーベルタンの女性差別を引き継いだ森喜朗

考えてみれば、近代五輪の始まりである1896年第1回アテネ大会には女性は参加していない。それはクーベルタン男爵の次のような考え方に根差したことだった。

「女性をオリンピックに参加させることは、実際的でなく、面白くなく、不快で、間違っている。女性の誇りは、産む子供の数とクオリティーを通してはっきりと表に現れる。そしてスポーツについて言えば、女性の素晴らしい偉業は、自分の記録を出すことではなく、息子たちを勝利に向けて励ますことだ」

今日の自民党右翼と同じ、女は子供を産んでいればいいんだという思想。しかし時代はすでに、欧米で女性の参政権獲得運動が始まりつつあった第1次フェミニズムの時代で、たちまち批判が出て、1900年パリ大会ではテニス、馬術、ゴルフなど王室や貴族のご婦人方も嗜む種目が取り入れられた。が、この大会の参加選手997人のうち女性はわずか22人にとどまった。

そこで決起したのが、フランス生まれで翻訳業を生業としながらボート選手として活躍していたアリス・ミリアで、IOCや国際陸上競技連盟を相手に五輪の花形である陸上に女子の参加を認めるよう働きかけた。しかしIOCの反応は重く、業を煮やしたミリアは、1921年に国際女子スポーツ連盟を結成、第1回モナコ大会を開催。翌22年にはパリ大会を成功させ、「オリンピックの名称を使わせない」と抑えにかかるIOCと激しく交渉して、ついに28年のアムステルダム大会の陸上に女子100メートルと800メートルなど5種目を加えることで妥協を引き出した。

女子の競技参加はその後も苦難の道を歩むが、詳しくは下記文献を参照のこと。

● NumberWeb21年3月2日、飯塚真紀子「女性はどうやって“オリンピックの性差別”と戦ってきたのか?」
● 井谷聡子「女性とオリンピック」〔天野啓一他編『で、オリンピックやめませんか?』、亜紀書房、19年8月刊所収〕

こうして、クーベルタンの保守反動思想に発した五輪の女性差別の禍々しい歴史は、森喜朗=組織委員会前会長が今年2月に愚にもつかない女性差別発言をして辞任、誰もが改めて「五輪と女性」について考え直すきっかけを作ってくれたお陰である。森のこの遺産を大事に生かすことが東京五輪のせめてもの誓いでなければならない。

(メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』2021年8月2日号より一部抜粋・文中敬称略)

高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ

初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー [高野孟のTHE JOURNAL:Vol.509]世界が注目した「シモーネ・バイルズ途中棄権」事件(8/2)

いますぐ初月無料購読!

MAG2 NEWS