先日掲載の「中国空軍149機の『台湾侵入』は本気の警告。火に油を注いだ米国の動きとは」等の記事でもお伝えしているとおり、エスカレートする一方の中国による台湾への威嚇行為。しかしその裏には、習近平政権の「抜き差しならない事情」が存在しているようです。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、これまで中国の為政者が権力固めのために他国侵略を繰り返してきた歴史を紹介。さらに習近平氏が現在置かれている状況を分析するとともに、台湾への挑発を激化させる中共の動きに対して警戒を促しています。

【関連】中国空軍149機の「台湾侵入」は本気の警告。火に油を注いだ米国の動きとは

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2021年10月20日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

【中台】中国の不穏な経済情勢、台湾威嚇の裏に権力闘争の激化か

● 台湾の離島に迫る不気味な「緑のオーロラ」の正体は─またも中国による威嚇か?

10月に入り、中国による台湾への挑発行動が激化しています。台湾国防部は、10月4日、台湾の防空識別圏に中国軍の戦闘機などのべ56機が侵入したと発表しました。10月からの4日だけで、その数はのべ149機にのぼるそうです。

● 台湾の防空識別圏に中国軍機の進入が急増 4日は延べ56機

そんななか、中国福建省沿岸から距離にしてわずか10キロしか離れていない台湾の馬祖島で、緑のオーロラが発生していることが話題になっています。その正体は、中国のイカ釣り漁船。この4カ月間、馬祖島付近の台湾海峡に数十〜数百隻の中国漁船が出没しているのです。

中国漁船は、イカ領のために緑のLEDライトをつけていると主張していますが、これまで台湾への嫌がらせのために中国漁船を送り込み、台湾の漁場を荒らし回るということがたびたびあったことから、これも台湾への心理的圧力であることは間違いないでしょう。

2014年には日本でも、小笠原諸島周辺の排他的経済水域(EEZ)に中国船が大量に襲来し、大量のサンゴを密猟していることが大きな問題になったことがありました。しかも、このEEZでは、中国船が無許可で海洋調査を行うといった事案も発生しており、単に民間漁船が密猟のために襲来したのではなく、周辺地域の調査や日本への示威行為だったことは明らかです。

● 日本のEEZ内で中国船が無許可調査…抗議

自由時報でも、馬祖の「緑のオーロラ」については大きく報じています。主に中国福建省から来ている中国漁船は、この2年間で数が急増しており、今年は最も深刻な状況で、緑のライトが馬祖の住民や不満を募らせているといいます。

● 綠色夜空!馬祖竟出現「極光」《華郵》曝:另一種魷魚遊戲

中国は、中国漁船を他国の海域に繰り出し、揉め事になると、中国漁民保護の名目で軍事介入し実効支配へと持ち込むという戦略をとっています。南シナ海もそうして実効支配を強めましたし、尖閣諸島もまさにそうしたやり口で侵略してきているのです。

一般市民を装って敵対行為や破壊活動などを行う軍人を便衣兵といいますが、中国はこの便衣兵の戦法をよく使います。日中戦争においても、軍服を脱ぎ捨てて一般人に紛れ込み、テロ活動を行う中国の便衣兵に日本軍は悩まされました。もちろん便衣兵は国際法違反であり、即座に処刑してもいい対象となっています。

自由時報では、アメリカのシンクタンク「プロジェクト2049インスティテュート」のシニアディレクター、イアン・イーストン氏による「台湾海峡の中央線の北側では、1,000隻の中国民兵の偽装漁船が侵攻作戦の演習を行うなど、大規模かつ激しい活動が展開されている可能性がある」というツイートを紹介しています。

● Ian Easton(Twitter)

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

10月9日、北京の人民大会堂で開かれた辛亥革命110年記念大会では、中国の習近平国家主席は、改めて台湾統一について「祖国の完全な統一は必ず実現しなければならない歴史的任務」と述べ、そのうえで台湾独立勢力を「最大の障害」と批判しました。

● 習氏「台湾統一」強硬姿勢崩さず 中国包囲網を警戒も

これに対して、10月10日の双十節、台湾の蔡英文総統は、「私たちは中国により設定された道を歩まない。そこには自由も民主主義もなければ、2,300万人の台湾人の主権もないからだ」と述べ、台湾人民が中国の圧力に屈することはないと応じました。

● 「中国の圧力に屈さない」台湾で双十節記念式典、蔡氏が演説

10月6日、台湾国防部のトップは、中国と台湾の緊張は過去40年で最悪の状態であると述べましたが、各国も中国による台湾侵攻について、懸念を表明するようになっています。

● 中台関係は「過去40年で最悪」 偶発攻撃のリスクも=台湾国防部長

欧州議会は20日、「EU―台湾の政治的関係と協力」という報告書の投票を行う予定ですが、それに先立つ19日、欧州連合(EU)のマルグレーテ・ベスタガー副総裁は、EUは中国の脅威に対処し、「一つの中国政策」の枠組みの中で台湾との関係をさらに強化しなければならないと述べました。

● 共機頻擾台 歐盟:強化與台灣關係、解決中國威脅

さらに、台湾はEUと同様の考えを持つパートナーであり、EUは台湾の民主主義、法の支配、人権、開かれた社会、市場経済に基づく統治システムを引き続き支持し、人と人との交流、サプライチェーンなどでの協力を強化すると表明しました。

一方で中国は、経済成長の低迷が明らかになり、不動産市場も不安定な状況となっています。2021年7〜9月の経済成長は前年比で4.9%と、中国経済の減速が鮮明となり、また、不動産大手の恒大集団の巨額負債問題も解決していません。一方で、電力の供給不足により停電が頻発し、中国経済の先行きも不透明になっています。冬が近づき暖房が不可欠となると、さらに電力が逼迫する可能性があります。

● 中国GDP伸び率縮小 経済減速が鮮明に その背景は?

もちろん、不動産市場の不安定化は、習近平政権の不動産規制強化が招いたものでもあります。その他、アリババやテンセントなどへの締め付け、芸能界への規制強化などを強めていることは以前のメルマガでも紹介しましたが、習近平は中国経済の発展よりも、いかに企業や経済を自身の統制下に置くかということに腐心しています。

【関連】毛沢東の文革時代に逆戻り。自ら進める変革で“ラストエンペラー”となる習近平

10月初旬には、不動産大手の花様年集団も2億ドルの社債が返済できずに、事実上の倒産に追い込まれました。同社の創業者である曽潔氏は、曽慶紅元国家副主席の姪だということです。

● 中国不動産大手、花様年集団が債務不履行 トップは曽慶紅元副主席の姪

曽慶紅といえば、江沢民派の大番頭で、しかも、習近平を総書記に推した人物です。それだけに、来年秋に開かれる党大会で3期目を狙う習近平としては、曽慶紅が習近平の長期政権化に水を差す行動に出れば、一気に反習近平の流れができてしまう恐れがあります。そのため、曽慶紅や上海閥の力を削ぎ、自身に逆らわないよう脅しをかけていると思われます。香港に国家安全維持法を施行して支配力を強めたのも、上海閥の力を削ぐためだったとも言われています。

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

中国ではかつての仲間や恩人ほど、油断できないとされます。漢の高祖(劉邦)は、全国統一後、韓信や彭越、黥布といった功臣を次々と粛清しました。毛沢東も、盟友だった劉少奇や林彪を失脚に追い込みました。

中国では、権力闘争が激化するときほど、対外戦争を仕掛けがちです。トウ小平はライバルの軍隊を絶滅させるために中越戦争を仕掛けました。最近の習近平政権による台湾への威嚇行為は、2022年秋の党大会に向けて熾烈な権力闘争が行われていることの現れだという見方もあります。

しかも、中国という国は、昔から領土大国・人口大国だったわけではありません。中原という場所から東亜・東洋世界に膨張してきました。つまり、中国は対外侵略を繰り返すことで現在の大きさになったのであり、一番危ないのは隣邦なのです。そのため、中国は日本とインドを21世紀の仮想敵国としており、いずれ紛争は避けられません。米中対立もそれに輪をかけています。

中国では「琉球人は福建36姓の子孫」として、尖閣諸島の次は沖縄を狙ってくることは間違いありません。さらには、「弥生人は中国人」として、日本全体を「不可分の固有領土」と主張してくる可能性もあります。中国の為政者が自分の権力固めのために、他国侵略を利用するということは、前述したように、これまでも繰り返されてきたことなのです。

いずれにせよ、このところの中国の動きは非常に不気味です。何かが暴発する可能性もあり、注意が必要です。

中国と台湾の真実を最もよく知る黄文雄先生のメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

 

kousyoei20210128
最新刊
『バイデン政権がもたらす新たな米中危機 激震する世界と日本の行方』
好評発売中!

image by: Alessia Pierdomenico / Shutterstock.com

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー 対米戦略に国連中心主義を持ち出した中国の欺瞞/「中国の台湾化」が世界を救う(9/30) 人民解放軍の「文攻武嚇」PRのお粗末ぶり/習近平が目指す全体主義の正体(9/23) 強まる弾圧と狭まる習近平包囲網/歴史を知らない韓国人が歴史を説教する厚顔(9/16) 9月15日から、ついに世界で敵と味方が明確になる/中国と絡むと映像作品も政治になる(9/09) 安倍首相辞任、次期総裁選びと親中派の焦り/世界の民主主義国が台湾を訪れて連帯を示し始めた(9/02) チベット人の自由と権利のために戦った女戦士の死/世界が辟易し始めた韓国のご都合主義とOINK(8/26) ドル経済圏から追放される中国の焦り/台湾に受け継がれる日本人の自然観(8/19) なぜいま中国は香港民主活動家を次々逮捕するのか/香港潰しの次に中国は確実に台湾を狙う(8/12) 反日親中メディアの終焉/李登輝元総統との思い出と台湾が抱える課題(8/05) 銅像で相手を貶めるのは中華の文化/ようやく中国の本質を理解したアメリカ(7/29) いよいよ日本企業も中国企業との取引が生死を分けるときがきた/三浦春馬氏の死に衝撃を受ける台湾(7/22) 中国にとって国際法とはなにか/「台湾鉄道の父」を日本人から中国人に変えようとする姑息な動き(7/15) 日本も本気で中国のスパイ対策に乗り出すべきとき/徴用工問題の報復を恐れる韓国が狙うWTO事務局長(7/08) 次は台湾を狙う中国と、滅びゆく香港の力を結集する台湾/三峡ダム決壊が招く中国分裂(7/01) 朝日新聞が「中国の宣伝機関」としてアメリカに認定される可能性/ゲームの中で展開される反中闘争(6/24) もう歴史問題で韓国を相手にしても意味がない/ついにウイグル化がはじまった香港(6/18) 中国に近づいてやっぱりバカを見たインドネシア/台湾で国民党独裁からの民主化を描いたドラマ解禁(6/10) 中国のアメリカ暴動への関与疑惑が出はじめた/コロナで中国は旧ソ連と同じ道を辿るか(6/03) 中国制定の「香港国家安全法」が日本の護憲派を殺す/親中カンボジアの「中国に近づきすぎたツケ」(5/27) 中国の恫喝はもう台湾に通用しない/世界が注目する蔡英文の総統就任スピーチ全文(5/20) 「元慰安婦」から反日利権を暴露された韓国慰安婦支援団体/中国から台湾に逃げてくる動きが加速(5/13) アメリカが暴露した中国の悪質な本性/韓国瑜へのリコール投票に見る「コロナ後の台湾」の変化(5/06) 世界からの賠償要求5500兆円!中国は破産するか/他国へも情報統制を求める中国の卑劣(4/30) 「アベノマスク」も被害。今度は不良品マスクを世界に拡散する中国/フルーツ天国・台湾は日本人がつくった(4/22) コロナ発生源の中国が今度は黒人に責任転嫁/台湾発「WHO can help?」が世界に問いかけること(4/16) もう国民が国内旅行を楽しむ台湾と、緊急事態宣言の日本(4/08) 台湾の民主化とともに歩んだ志村けんさん/死者数の嘘が暴かれ始めた中国(4/01) 欧州の新型コロナ感染爆発は中国共産党員が原因だった/国内では隠蔽、海外では恩の押し売りを続ける中国(3/26) 習近平の「救世主化」と天皇利用への警戒/小国発展のバロメーターとなる台湾(3/18) 【台湾】新型コロナ対策で注目される台湾の若きIT大臣が日本に降臨!?(3/11) 新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ/新型肺炎の責任を日本に押し付けはじめた中国(3/05) 『韓非子』の時代から何も変わっていない中国(2/26) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(2/19) 新型肺炎のどさくさで反体制派狩りをする習近平の姑息/戦後日本の軍事研究忌避が新型肺炎の感染拡大の一因(2/12) 新型肺炎が世界にとって思わぬプラスとなる可能性/疫病のみならず他国に厄災をばら撒く中国(2/05) WHOを操る疫病発生地・中国の魂胆(1/29) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(1/22) 中国の目論見がことごとく外れた台湾総統選/ご都合主義の中国が民主主義と人類を危機に陥れる(1/15) 黄文雄メルマガスタッフの台湾選挙レポート(1/13) 文化が残らない中国の宿命/中華にはびこる黒道治国と台湾総統選挙を左右する「賭盤」(1/08) 謹賀新年のご挨拶―激動の年の幕開け(1/01)

MAG2 NEWS