11月26日投開票の台湾統一地方選で、大敗を喫した蔡英文総統率いる与党民進党。この結果は台湾市民のどのような声の現れと見るべきなのでしょうか。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、様々な報道を引きつつ選挙結果を分析。さらに本当の敗者は蔡英文総統ではなく中国の習近平国家主席だとして、そのように判断する理由を解説しています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2022年11月30日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

 

【台湾選挙】台湾統一地方選挙、本当の敗北者は習近平だった

● 台湾与党大敗、対中国政策に影響 蔡総統は党トップ辞任

11月26日に台湾で行われた統一地方選挙で、与党民進党が大敗したことは、日本でも大きく報じられています。今回、民進党は全22県市の主張ポストのうち、獲得したポストは5つ。これは国民党に大敗した前回の2018年選挙からさらに1つポストを減らしたことになります。

人口の約7割を占める6つの直轄市では、国民党は台北市、新北市、桃園市、台中市の4つを獲得、一方で民進党は台南市と高雄市の2つに留まりました。この結果を受けて、蔡英文総統が民進党の党主席を引責辞任しました。

● 統一地方選で与党・民進党が敗北、蔡英文総統が同党主席を辞任

民進党敗北には、さまざまな理由があります。もともとこうした地方選挙においては現職が強いものですが、国民党陣営が現職11人、民進党は現職3人と、最初から国民党有利だったということもあるでしょう。

とはいえ、民進党がここまで大敗したのは、支持基盤でもあった若者層が民進党に投票しなかったことが大きいとも見られています。「民進党は選挙のときばかり若者にアピールするものの、選挙が終わると若者の要求については放置する」といった声も聞かれ、こうした不満が民進党支持につながらなかったと見られています。

産経新聞台北市局長の矢板明夫氏も、住宅価格の高騰や低賃金など、若者にとってきわめて重要な問題を解決してこなかったツケで、多くの若者が「騙された」と感じていると分析しています。

● 矢板明夫列出問題提醒:討厭民進黨的人若越多 可能被中國見縫插針

矢板氏はその他にも、蔡英文総統がここ数年記者会見を開いていないことや、中国の圧政に苦しむ香港への支援についても、民進党は選挙前だけにしか口に出さず、そうしたご都合主義も有権者に見透かされていたと指摘。一方で、中国のサイバー集団によるフェイクニュースが毎日大量に流され、政府攻撃を行い、国民を洗脳してきたことも、主要な原因の一つであるとしています。

民進党は台湾独立を志向し中国と対立姿勢を貫いていることから、日本では保守派と見る向きもありますが、実態はリベラルです。反原発や同性婚に積極的で、リベラルな若者世代からの支持が多いのです。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

 

とはいえ、今回の選挙結果が、国民党への政権交代を望むものかといえば、それは違うでしょう。どちらかといえば「今回は民進党にお灸をすえたい」という気持ちが強かったのだと思われます。

今回、民進党、国民党以外の民衆党・無所属は、首長ポストを2018年時の1つから3つにまで伸ばしました。今回は民進党に入れないけれども、国民党にも入れたくないという層の受け皿になったのでしょう。

一方、今回の民進党大敗という結果に対し、中国は「和平と安定を求める台湾の主流の民意を反映したもの」と歓迎の意を表明しました。つまり、台湾人は対中強硬路線の民進党を嫌い、統一を目指す国民党に民意が傾いたのだと言いたいわけです。

ただし、東京外国語大学の小笠原欣幸教授は、劣勢の民進党が「抗中保台」(中国に屈せず、台湾を守る)のスローガンを選挙戦後半で多用したことが、むしろマイナスに働いたと分析しています。

ちなみに、小笠原欣幸教授は金門県を除いてすべての当落予想を的中させたことで、台湾でも注目されています。

● 大讚台灣民主成熟 小笠原曝1關鍵「民進黨2024贏面仍大」!

小笠原教授によれば、政権与党として「偉そう」なおごりが見える民進党に、今回は牽制して「お灸をすえよう」という有権者が多かったことに対して、民進党は中国との対決姿勢を打ち出して挽回を狙ったものの、むしろその意図が有権者に見透かされたと論じています。

じっさい、国民党候補は軒並み「地方選挙なのに対中政策を持ち出している」と批判しており、さらには中間派の有権者の間にも、民進党が無理に対中政策を争点化しようとしている印象を与えてしまったと分析しています。

加えて、台湾では民進党が一強に向かいつつあるという認識があり、過去の歴史から1つの勢力があまりに強大になってしまうことへの警戒感という、台湾人特有のバランス感覚も作用したと小笠原教授は述べています。

その他、小笠原教授は主要な選挙地区についての敗因を詳細に分析されていますが、今回の民進党敗北は、むしろ台湾で健全な民主主義が定着したことを改めて示したのであり、この民主主義を中国による統一で手放したいと考える台湾人はほとんどおらず、「冷静に平然と政権与党にお灸をすえる投票行動ができる台湾の安定ぶりを国際社会は評価すべきだ」と締めくくっています。

小笠原教授の言うように、今回の結果は、国民党政権を望んでいる国民の声ではないでしょう。実際、2018年の統一地方選挙でも国民党は大敗しましたが、2020年の総統選挙と総選挙では民進党が圧勝しました。

このときは2019年1月に習近平が「台湾同胞に告げる書」発表40周年記念大会で、台湾に一国二制度を迫る談話を発表したことが、台湾人の中国への警戒感を高め、地を這っていた蔡英文の支持率を急上昇させ、2020年の総統選挙勝利につながったということもあります。

今後の中国の出方によっては、台湾人の危機感が再び高まり、民進党への支持率へ転化する可能性も少なくありません。

また、データによれば、2018年の地方選挙では国民党陣営(泛藍連盟)の得票率48.79%、民進党陣営(泛緑連盟)39.16%だった(差は9.63%)のに対して、今回は国民党陣営50.03%、民主党陣営41.62%で(差は8.41%)、その差はむしろ縮まっているという見方もあります。

加えて、総統選に向けた候補者選びについて、今回の大敗で蔡英文の影響力が低下する一方で、副首相の頼清徳の力が強くなるという見方もあります。すでに2期目の蔡英文は次回の総統選挙に立候補することはできません。そのため自分の後継者を選び、推すことで影響力保持を狙っていたと思いますが、それは難しくなるでしょう。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

 

頼清徳が次の党主席になる可能性も大きく、そうなれば早いうちに2022年の総統選の民進党候補が頼清徳に一本化するのではないかと思われます。頼清徳は、どちらかといえば現状維持派の蔡英文以上に独立志向が強い人物です。頼清徳が台湾総統になるのは、中国にとってはもっとも嫌なシナリオでしょう。

以上のようなことから、今回の選挙を「国民党小勝、民進党小敗、蔡英文大敗、頼清徳大勝」と評する人もいます。

● 大陆”硬的更硬”,才使台湾绿营”软的更软”

もちろん台湾独立派や対中強硬派にとって、この2年間は気が抜けない次期が続きますし、中国からのフェイクニュースによる世論操作にも気をつけなくてはなりませんが、現在が決して中国に有利な状況ではないことは事実です。

ましてや中国国内では反共産党、反習近平の狼煙が上がり始めています。台湾の選挙にかかわっているどころではなくなってきています。

その背景に、小笠原教授の言うような「台湾の健全な民意の発露」が、中国人民に影響を与え、自分たちも声を上げるべきだと鼓舞した可能性もあるわけです。台湾での選挙結果や蔡英文の党主席引責辞任のニュースは、中国国内でも報じられています。

そして、中国の各地で開催されたデモでは、「共産党は引っ込め」「独裁はいらない、民主が必要だ」と叫ぶ声が出たそうです。

そう考えると、今回の選挙は結果いかんにかかわらず、台湾の民主主義の勝利であり、「国民党小勝、民進党小敗、蔡英文大敗、頼清徳大勝、台湾大勝、中国大敗」だと言えるのではないかと思います。

この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ

初月無料で読む

 

 

kb2022-s最新刊
『中華思想の正体と行方 中国の恐ろしい未来』
好評発売中!

image by: Shag 7799 / Shutterstock.com

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー 対米戦略に国連中心主義を持ち出した中国の欺瞞/「中国の台湾化」が世界を救う(9/30) 人民解放軍の「文攻武嚇」PRのお粗末ぶり/習近平が目指す全体主義の正体(9/23) 強まる弾圧と狭まる習近平包囲網/歴史を知らない韓国人が歴史を説教する厚顔(9/16) 9月15日から、ついに世界で敵と味方が明確になる/中国と絡むと映像作品も政治になる(9/09) 安倍首相辞任、次期総裁選びと親中派の焦り/世界の民主主義国が台湾を訪れて連帯を示し始めた(9/02) チベット人の自由と権利のために戦った女戦士の死/世界が辟易し始めた韓国のご都合主義とOINK(8/26) ドル経済圏から追放される中国の焦り/台湾に受け継がれる日本人の自然観(8/19) なぜいま中国は香港民主活動家を次々逮捕するのか/香港潰しの次に中国は確実に台湾を狙う(8/12) 反日親中メディアの終焉/李登輝元総統との思い出と台湾が抱える課題(8/05) 銅像で相手を貶めるのは中華の文化/ようやく中国の本質を理解したアメリカ(7/29) いよいよ日本企業も中国企業との取引が生死を分けるときがきた/三浦春馬氏の死に衝撃を受ける台湾(7/22) 中国にとって国際法とはなにか/「台湾鉄道の父」を日本人から中国人に変えようとする姑息な動き(7/15) 日本も本気で中国のスパイ対策に乗り出すべきとき/徴用工問題の報復を恐れる韓国が狙うWTO事務局長(7/08) 次は台湾を狙う中国と、滅びゆく香港の力を結集する台湾/三峡ダム決壊が招く中国分裂(7/01) 朝日新聞が「中国の宣伝機関」としてアメリカに認定される可能性/ゲームの中で展開される反中闘争(6/24) もう歴史問題で韓国を相手にしても意味がない/ついにウイグル化がはじまった香港(6/18) 中国に近づいてやっぱりバカを見たインドネシア/台湾で国民党独裁からの民主化を描いたドラマ解禁(6/10) 中国のアメリカ暴動への関与疑惑が出はじめた/コロナで中国は旧ソ連と同じ道を辿るか(6/03) 中国制定の「香港国家安全法」が日本の護憲派を殺す/親中カンボジアの「中国に近づきすぎたツケ」(5/27) 中国の恫喝はもう台湾に通用しない/世界が注目する蔡英文の総統就任スピーチ全文(5/20) 「元慰安婦」から反日利権を暴露された韓国慰安婦支援団体/中国から台湾に逃げてくる動きが加速(5/13) アメリカが暴露した中国の悪質な本性/韓国瑜へのリコール投票に見る「コロナ後の台湾」の変化(5/06) 世界からの賠償要求5500兆円!中国は破産するか/他国へも情報統制を求める中国の卑劣(4/30) 「アベノマスク」も被害。今度は不良品マスクを世界に拡散する中国/フルーツ天国・台湾は日本人がつくった(4/22) コロナ発生源の中国が今度は黒人に責任転嫁/台湾発「WHO can help?」が世界に問いかけること(4/16) もう国民が国内旅行を楽しむ台湾と、緊急事態宣言の日本(4/08) 台湾の民主化とともに歩んだ志村けんさん/死者数の嘘が暴かれ始めた中国(4/01) 欧州の新型コロナ感染爆発は中国共産党員が原因だった/国内では隠蔽、海外では恩の押し売りを続ける中国(3/26) 習近平の「救世主化」と天皇利用への警戒/小国発展のバロメーターとなる台湾(3/18) 【台湾】新型コロナ対策で注目される台湾の若きIT大臣が日本に降臨!?(3/11) 新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ/新型肺炎の責任を日本に押し付けはじめた中国(3/05) 『韓非子』の時代から何も変わっていない中国(2/26) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(2/19) 新型肺炎のどさくさで反体制派狩りをする習近平の姑息/戦後日本の軍事研究忌避が新型肺炎の感染拡大の一因(2/12) 新型肺炎が世界にとって思わぬプラスとなる可能性/疫病のみならず他国に厄災をばら撒く中国(2/05) WHOを操る疫病発生地・中国の魂胆(1/29) 「中国発パンデミック」はなぜ厄介なのか/蔡英文再選後、ますます進む日台連携(1/22) 中国の目論見がことごとく外れた台湾総統選/ご都合主義の中国が民主主義と人類を危機に陥れる(1/15) 黄文雄メルマガスタッフの台湾選挙レポート(1/13) 文化が残らない中国の宿命/中華にはびこる黒道治国と台湾総統選挙を左右する「賭盤」(1/08) 謹賀新年のご挨拶―激動の年の幕開け(1/01)

MAG2 NEWS