ロスだ!木村文乃がロスだ!読んでみて!

WOWOWでは11月17日に『連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班』(日曜夜10:00)をスタートさせる。放送直前となる14日には東京のスペースFS汐留にて第1話完成披露試写会が行われ、主演の木村文乃、共演の青木崇高、監督の内片輝が出席した。

木村文乃主演で2015年「石の繭」、2016年「水晶の鼓動」として放送され大ヒットしたクライムサスペンスのシリーズ第3弾。作家・麻見和史による原作シリーズの中でも、最もミステリー要素が強く難解な事件を描く。

木村は本作制作チームについて「シリーズ第1作目『石の繭』が初主演をやらせてもらってすぐの主演作品だったので、皆さんも『木村文乃、大丈夫?』という気持ちだったと思います。それがシリーズを重ねて、今はファンのみなさんが温かい目で見てくれている。その同じ気持ちで現場のスタッフさんも見てくれている」とシミジミし「撮影が終わるにつれて、もっとできることがあるのではないかと思って…。その感覚が不思議で、撮影が終わってからは『殺人分析班』ロスでした」とシミジミ。

また木村は「素晴らしいキャスト、素晴らしいスタッフの方々だったので、集結するのに3年も経ってしまいました」と空白の時間の理由を説明し「3作やらせていただくのは珍しいこと。成長した塔子を組み立てるにあたり、監督とはお互いにやってみてどう出るか、みたいな殴り合いのよう。そういう気持ちでやっていました」と真剣勝負を意識。

青木も「シリーズ第1作から一緒のスタッフさんも多くて、ホーム感のある現場。前回を踏まえてキャスト・スタッフと話し合える環境もあり、みんなで合流するシーンでは芝居を忘れて嬉しさが出てしまいました。みんなを肌で感じるチーム感がありました」と固い絆を振り返っていた。


関連記事

マガジンサミットの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る