ファミコン少年たちのヒーロー「高橋名人」はそもそも何者?

 子供の頃、児童向けマンガやテレビ番組では「ホビー系お兄さん」がよく登場しました。ホビー系お兄さんとは、マンガやゲームを紹介していたあの人たちのこと。ヒーロー的ポジションだった方もいれば、当時から不思議な位置付けの方もいらっしゃいました。あの方々の今現在も気になるところではありますが、今回は彼らがそもそも何者だったのかも、あわせて紹介します。

●高橋名人は一体、どこからやってきたのか?

 最も有名なホビー系お兄さんといえば、ファミコン全盛期に颯爽と登場した高橋名人でしょう。彼の代名詞である「16連射」や自身が主人公となったアクションゲーム「高橋名人の冒険島」シリーズなどで、ファミコン時代の寵児だった高橋名人ですが、プロゲーマーの先駆け的存在として今もテレビやイベントに引っ張りだこです。さて、そんな高橋名人はそもそも何者だったのでしょうか?

 高橋名人こと本名・高橋利幸さんは北海道出身で、もともとはスーパーマーケットの青果部で働いていました。ゲームとまったく関係のないところで、キャリアをスタートさせていたのです。そしてスーパーの主任に就任したとき、高橋さんは伝票整理のため当時のマイコンブームに乗っかり、自家用車よりも高いパソコンを思い切って購入。さらに、自分も操作方法に悪戦苦闘している身でありながら、パソコン関連のカルチャーセンター講師に転身したのです。

 そして1982年8月、今度はその知識を活かしハドソンの面接を受けて入社しました。以降、本人もブームの渦中に押し込まれる形で「月刊コロコロコミック」との提携イベントにはじまり全国キャラバン、そして「おはスタ」の前身番組「おはようスタジオ」のレギュラー出演とあっという間に世間に認知されていったのです。なお彼が「高橋名人」と正式に名乗ったのは、1985年5月3日に開催された「コロコロまんがまつり・スターフォース発売前ファミコン大会」でのことでした。そして、高橋名人は2011年にハドソンを退社。現在は「一般社団法人 e-sports 促進機構」の理事を務めています。指でスイカ割をする凄技も、もしかしたら青果部時代の経験と紐づいているのかも……運命を感じます。

ポケモン好きはみんな歌った『めざせポケモンマスター/ひゃくごじゅういち/ポケモン言えるかな』CD(PIKACHU RECORDS)

「おはスタ」に現れた「怪人」たちって何者?

「ホビー系お兄さん」製造工場『おはスタ』

 高橋名人も前身番組で大活躍したテレビ東京『おはスタ』は、数多くの「ホビー系お兄さん」を輩出してきました。平成以降に登場したお兄さんたちは、また輪をかけて「正体不明」だったようです。

 例えば1997年、アニメ『ポケットもモンスター』の主題歌「めざせポケモンマスター」のカップリング曲として収録された『ポケモン言えるかな?』を歌っていた、「イマクニ?」という人物を覚えていますでしょうか。前身タイツ姿という強烈なインパクトながら、ホビー系お兄さんの登場には慣れていた小学生たちは自然と彼を受け入れていました。果たして「イマクニ?」さんは何者だったのでしょうか。

「イマクニ?」さんの本名は今国智章さん。もともとは、ポケモンカードなどに携わるグラフィックデザイナーでした。『ポケモン言えるかな?』は「イマクニ?」が仮歌を担当されていたのですが、なぜかそのままリリース。高橋名人同様、ブームに押し出される形でテレビに出演するようになったのです。今国さんは現在も、ポケモンカードのイベントにご出演中です。

 またホビー系お兄さんといえば、「ミニ四駆」イベントで司会を務めていた「ミニ四ファイター」を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ミニ四ファイターは初代と二代目がいます。初代は1995年に引退しており、二代目の杉山智樹さんはもともとタミヤのアルバイトでした。杉山さんは社員でもないのに、初代から引き継ぎをお願いされ就職。最初から「ミニ四ファイター」ありきで入社したという、稀有な方です。

 当時はそれが本業とばかり思っていたホビー系お兄さんも、その出自を見るとリアルな大人の事情があるようです。「会社員」でもヒーローになれる、そう示してくれた彼らに、改めて敬意を表します。