3DSのサービスが段階的に終了…まず、2022年8月中に大きな波が訪れる!

 2011年2月に発売されて以来、多くのユーザーに愛された携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」(以下、3DS)。特徴的な2画面構成を引継ぎつつ、立体視などの新たな機能も搭載し、場所を選ばず楽しめるゲーム体験の魅力をさらに広げました。

 ですが、どれほど優れたゲーム機であっても、提供されるサービスはいつか終わりを迎えます。3DS向けのサービスや展開も徐々に閉幕を迎えつつあり、そのなかでもかなり大きなものが2022年8月末に訪れます。

 そこで今回は、「3DSを愛するユーザーが今すべきこと、これから対処したいこと」を、分かりやすくお届けします。今後も3DSを楽しむため、手遅れになどせずしっかりと対応していきましょう。

●「残高の追加」は急務!

 まず、この8月にすべき最も重要なアクションは、「残高の追加」です。3DSのダウンロードソフト(以下、DLソフト)や追加ダウンロードコンテンツ(以下、DLC)の購入には相応の価格がかかるので、事前に十分な残高をチャージしておく必要があります。

 しかし、この「残高の追加」ができるのは、2022年8月30日(火)の午後1時30分まで。回避する方法もありますが(後述)、その手続きを踏まない限り、上記の日時以降は残高を追加できなくなります。

 残高がなければ、有料のDLソフトやDLCを購入できません。ゲームソフトならパッケージ版を中古市場などで買う手もありますが、DL専用ソフトやDLCはダウンロード販売のみ。後から「欲しい」と思っても、残高がなければ諦めるほかなくなります。

 そうした失敗をあらかじめ回避するため、遅くとも前日8月29日までに、後悔せずに済む額をチャージしておきましょう。なお、現在は残高追加の際は、プリペイドカードの購入が必要です。

●名作をお得に遊びたい? ならば、開催中の「ファイナルセール」は必見!

 もうひとつ、この8月にしておきたいのは、DLソフトのセールをチェックすることです。一部のソフトメーカーは、残高が追加できなくなる今月末に先駆け、3DSのDLソフトを期間限定のセール価格で販売しています。また、今回「ファイナルセール」と名付けているメーカーも複数あります。

 例えばレベルファイブなら、「イナズマイレブン」シリーズ、「妖怪ウォッチ」シリーズ、「レイトン教授」シリーズ、「ダンボール戦機」シリーズの各作品を、それぞれ500円(税込)で販売中。また、『ファンタジーライフ LINK!』などの単体作品も500円ですし、100円で販売しているソフトも一部あります。

 カプコンも、「モンスターハンター」シリーズや『逆転裁判』の『4』『5』『6』をはじめ、多彩なソフトがいずれも500円。セガは、価格にばらつきはあるものの、300円〜800円の価格帯が最も多く、こちらもかなりのお得度です。

 コアなゲームを好む方には、アトラスのセールがかなりお勧め。こちらのセール価格は各1000円ですが、「世界樹の迷宮」シリーズや「真・女神転生」シリーズなど、遊び応えのある人気作が対象なので、コストパフォーマンスはかなり良好です。歯ごたえのあるRPGを求める方は、ぜひチェックして下さい。

 なお、セールの終了日時はそれぞれ異なり、早いものは8月15日に終了します。

「3DS」の調子が悪い場合、「New3DS」シリーズへの乗り換えも重要だ

故障しても修理はできず…「お引越し」も要検討

●「残高の追加終了」は回避できる! ただし、購入そのものにも期限が

「残高の追加」がもうじき終了すると説明しましたが、8月30日の午後1時30分を過ぎても残高を追加できる方法があります。それは、「ニンテンドーアカウント」と「ニンテンドーネットワークID」を連携し、残高をまとめることです。

 ニンテンドーネットワークIDは、3DSやWii Uのネットワークサービスを利用する時に必要なものです。そしてニンテンドーアカウントは、Nintendo Switchやマイニンテンドーストア、スマホ向けアプリなどの機器やサービスを利用するために使うアカウントになります。

 このニンテンドーアカウントとニンテンドーネットワークIDを連携させれば、残高の共有が可能になります。共有化の手続きを済ませ、ニンテンドーアカウントにチャージすれば、ニンテンドーネットワークID側でもその残高を使用できるため、実質的に「残高の追加」が可能になると言えます。

 いくつかの行程を踏まえるので、その手順については今回割愛しますが、任天堂公式サイトの「サポート」→「 Q&A」にやり方が載っているので、気になる方はそちらをご覧下さい。

 この連携と共有を済ませておけば、来月以降も残高を追加できるので、焦る必要はなくなります。ただし、3DSのニンテンドーeショップでDLソフトやDLCを新たに手に入れられるのは、2023年3月28日の午前9時まで。これ以降の新規購入、新規入手は不可能になるので、連携・共有化しても油断せず、欲しいものは期間内にしっかりと入手しましょう。

 なお、購入済みのソフトやDLCの再ダウンロードについては、2023年3月28日以降も可能です。しかし、このサービスも将来的には終了する予定なので、その点も留意しておいてください。

●3DSの調子が悪くなっても、修理できず…可能なうちに「引っ越し」も視野に

 また、各種サービスの段階的な終了に備え、3DS本体の買い替え・引っ越しの検討もお勧めします。現在、すでに3DS本体および3DS LL本体の修理受付が終了しており、故障しても修理を依頼できません。

「Newニンテンドー3DS/LL本体」と「Newニンテンドー2DS LL本体」、「ニンテンドー2DS本体」の修理はまだ継続中なので、手元にある3DSの調子が悪い方は、データの引っ越しができるうちに、New系列の3DSもしくは2DSへ乗り換えておくのが安全です。

 各種サービスが終了すると、できることが限られるのは事実。しかし本体が健在であれば、引き続きゲームを楽しめます。あなたと3DSの関係が続く限り、思い出はまだまだ増えることでしょう。その思い出を将来的に狭めないよう、残高の追加・欲しいコンテンツの購入・アカウントとIDの連携・本体の乗り換えなどを、ぜひご一考下さい。