「みなみにHしてしまいました」

 1987年『CITY ADVENTURE タッチ MYSTERY OF TRINGLE』というファミコンソフトが発売されました。当時「週刊少年サンデー」で連載中、アニメも大人気だった『タッチ』が原作のゲームとして話題になりました。しかし、原作の世界観を全く無視した内容と、つまらない展開に批判が相次ぎ、瞬く間に「クソゲー」のレッテルが貼られました。

 ゲームの内容です。南の愛犬パンチの子ども10匹が、エサの皿の底が開いてできた異空間の中へ消えてしまい、その子犬たちを達也・和也が南を守りながら探し出す……これがミッションです。プレーヤーは1〜2人で達也と和也(1Pの場合、2人を切り替えて動かせる)。南は選べません。

●クソゲーポイント1:説明がない!

 いきなりです。ゲームがスタートすると、喫茶店「南風」の前の広い道路に3人がぽつんと立たされます。しかしここで何をすれば良いのかわかりません。どこへ行く? 何をする? という説明がなくて困ります。クソゲーと言われる最大のポイントは「説明がないので何をすれば良いのか分からない」ところでした。

 進行を簡単にまとめます。道路の左右から雑魚敵が近づいてくるので達也と和也が野球のボールを投げて倒します。ただし雑魚が多過ぎて強いです。南はうろうろするだけで、しかも攻撃に加われないので敵に接触するとダメージを受け続けます。また、そのダメージは達也・和也に反映されるのでポイントが激減。南を守りながら敵を倒すコンセプトでしょうが、南は役に立たず足手まといでしかありません。動きが単調なのもクソゲーなポイントでした。

●クソゲーポイント2:情報が雑!

 敵を倒しお金を貯めて、店でアイテムを買います。アイテムの名前や効果といった情報がないので買物に困ります。店主から「何を買うと良い」、「○○へ行け」といったヒントをもらえますが、店を出ても似た風景のマップが広がるだけで、肝心な目的地が全く分からず路頭に迷います。

ゲームにも登場する、達也・和也・南が描かれた『タッチ』コミック第1巻の背表紙(小学館)

「甲子園へ連れてって」とか無視!

●クソゲーポイント3:『タッチ』じゃなくてもいい

 いろんな建物に突入し鍵などのアイテムをゲットしつつ、なんとか謎を解いてボスのアジトにたどり着きます。でも広いアジトのどこにボスがいるのかヒントがないので見つかりません。ようやく発見したボスは怖そうなモンスターとかじゃありません。大きな人形とか猫とか戦車とか、特別なボス感がありません。ボスを倒して子犬を救出。次へ向かいます。

 ……早い段階でみんな同じことを思います。「このゲーム、『タッチ』じゃなくてもよくね?」。原作は野球・ラブコメといったジャンルですが、武器として野球のボールを投げる以外に野球要素はありません。例えば、「敵と対戦して三振を取れ!」、「ケンカの助っ人に原田君登場!」みたいなお遊びでもあればアクセントになりますが、何もなしです。このゲームは『タッチ』というビッグネームを借りただけと言われてもしょうがない内容でした。

 さらにファンから反感を買った要素がありました。ゲーム冒頭に入力すると最強データからスタートできる裏パスワードが3つありました。それがちょっとひどくて……

たつや:みなみにHしてしまいました
かずや:みなみにHしてしまいました
みなみ:TATUYAとHしてしまいました

 このパスワードが原作者・あだち充先生の怒りを買ったとも言われ、以降あだち先生原作のマンガからゲームになった作品はひとつもありません。このデリカシーのないパスワードこそ「クソ」に値するというファンもいます。

●広告から漂っていたクソゲー臭

 実は、発売前の広告をよく見ると違和感はありました。ゲーム中の画面の写真が10枚以上貼られていて内容の説明もありました。しかし、そこには野球をする画などひとつもありません。これを見ていれば原作の世界観と異質であることに気づけたかもしれませんが、それにしても首をかしげたくなるゲームでした。当時、筆者の友達が『タッチ』を読破して感動し、ゲームの予備情報を一切遮断して期待度MAXで挑みましたが、数日後「ソフト代の5000円返してほしい」と泣いていました。現在では、あまりにもクソゲー過ぎて名品という皮肉な声もあるほどです。