働いている女性のみなさんは、自分の働き方などについてどのように思っているのでしょうか。全国の30〜60代の働く女性1013人に調査をしたところ、生活していくうえで必要な手取り月収は、約3割の人が「20万円未満」と回答しました。また、現在の預貯金額については、「100万円未満」が最多だったそうです。

大人のデトックス&スタジオ『Re・Bodybalance』を運営する株式会社シーシーティー協会(東京都新宿区)が、「働く女性の健康対策に関する調査」と題して2022年10月にインターネット上で実施した調査です。

まず、「週に何日くらいの勤務が“自分らしい働き方”だと思いますか」と聞いたところ、「週に5日」(38.0%)、「週に4日」(34.2%)、「週に3日」(20.4%)といった回答が上位に並びました。

また、「生活していくうえで必要な手取り月収」については、「20万円未満」(31.2%)、「20万円以上25万円未満」(28.6%)、「25万円以上30万円未満」(19.6%)などが上位に挙げられたそうです。

さらに、「現在の預貯金額」を聞いたところ、「100万円未満」(29.9%)が最多に。次いで、「1000万円以上」(20.0%)、「100万円以上200万円未満」(12.4%)が続きました。

次に、「一日のうち、自分のためだけに使える時間はありますか」と聞いたところ、「4時間以上」(28.5%)が最も多く、次いで、「2時間程度」(21.7%)、「3時間程度」(21.6%)』などが上位に挙げられました。

「気力、体力の衰えとしてどのようなことを感じますか」と聞いたところ、最も多かったのは「体力低下」(65.2%)が挙げられ、次いで、「記憶力低下」(52.2%)、「筋力低下」(49.1%)が続きました。

また、「更年期の不調」については、「発汗やのぼせ」(23.1%)が最多だったほか、「イライラ」(22.5%)、「腰痛・膝痛・関節痛」(21.6%)などが挙げられたそうです。

最後に、「健康対策としてどのようなことをしていますか」と聞いたところ、「サプリメント、湿布、市販薬を使う」(30.5%)、「屋外でウォーキングやランニングをする」(26.2%)、「病院に行く(鎮痛剤などの処方、リハビリ、保険適用整体など)」(20.0%)といった回答が上位に並びました。

他方、「身体について、今一番気になること(不安なこと)」については、「特にない」(32.0%)が最多だったものの、「女性特有の病気」(20.7%)、「がん」(13.7%)、「コレステロール値」(12.5%)などが上位に挙げられていたそうです。