2022年の夏を盛り上げたドラマの数々。そんな夏ドラマで演技が光っていた俳優といわれたら誰を思い浮かべますか。ドラマ口コミサイト「TVログ」内のドラマ情報Webマガジン「TVマガ」を運営する株式会社WonderSpaceがこのほど発表した「夏ドラマで演技が光っていた俳優ランキングベスト10」によると、「竹内涼真(六本木クラス)」さんが1位に選ばれたそうです。

2022年8月〜9月の期間に実施された調査です。10〜50代以上の男女(性別回答しないを含む)150人から回答を得たといい、上位の結果と回答者からのコメントは以下の通りとなりました。

1位は竹内涼真さん

ドラマ『六本木クラス』は大ヒット韓国ドラマ『梨泰院クラス』を日本設定でリメークした“ジャパン・オリジナル版”。竹内さんが演じたのは主人公・宮部新です。仲間と共に立ち向かっていく新の姿を、下剋上を主軸にラブストーリーそして青春群像劇を交錯しながら描きました。

▽大好きな幼なじみへの愛、父親を殺された悲しみと怒り、大きな敵にも怯まず果敢に立ち向かう勇気など、それぞれを上手く表現していた。また原作にも劣らない作品になっているから
▽嘘偽りなく、自分の信念をしっかりと持って生きていく姿を熱演していると思います。また会社を盤石なものにするため仲間を信じる演技が力強い感じで良かったです
▽韓国で大ヒットしたドラマというプレッシャーがある中で、主人公を見事に演じられていると感じます。主人公の真っすぐな性格、だからこそ復讐を目標としたときに曲げない信念の強さが人を惹きつけると感じ、回を追うごとに魅力的に感じます

2位は中村倫也さん

ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』では、写真のように見たモノを記憶する力を駆使して依頼人たちを救う弁護士役を好演しました。

▽ときどきクスっと笑えるような、抜けている演技があってかわいい。弁護士というとかっこいいイメージがあるがどちらかというとかわいい感じで本人に合っている感じがする
▽映像記憶能力を駆使し、弁護士として事件解決に望むスマートな面と、実はコンプレックスを抱えており日々葛藤している面のギャップを見事に演じている。また、法律等に関する長ゼリフもスラスラ話していたのがすごいと思った
▽実はそこまでの実力や地位があるわけでもないのに、背伸びして天才ぶってかっこつけるような感じがとても自然で役に合っている感じがするからです。また、他のドラマを見ていてもいろんな役をやっていて演技が上手いと思うからです

3位は間宮祥太朗さん

ドラマ『魔法のリノベ』は星崎真紀さんの同名漫画が原作。間宮さんは小梅とタッグを組む福山家の長男・福山玄之介を好演。脱サラして家業の工務店で営業職として働き始めるも、人の良さから来る押しの弱さでいまだ成約はゼロという役柄でした。

▽ドラマ毎に雰囲気が全く違い、毎回存在感は凄い方。このドラマに関しては少し弱いイメージの男性を演じてますが、今回は後ろに下がってる感じが波瑠さんとの2人で同じくらい目立つ感じになって、2人のシーンの居心地がとてもいいです
▽主人公の感情の動きを細やかに表現されています。優しさ溢れる彼の中にある譲れないもの、大切なものを守る気持ちが伝わってきて、胸が熱くなります
▽だんだんと顔つきが大人びてきて、色気が増している気がします。今回の魔法のリノベでは父親役ですが、家庭人としての落ち着きも合わさり、魅力的な表現を見せてくれて今後も活躍が期待できるからです

4位は西島秀俊さん

ドラマ『ユニコーンに乗って』では、約26年勤めていた地方銀行から佐奈の会社に転職してきた中年サラリーマン・小鳥智志を西島さんが演じました。若い世代の社員が多い中で奮闘する小鳥。時には頼りがいあり、時にはかわいらしい役柄がぴったり似合っていました。

▽こんな人がいたらどんなに心穏やかに過ごせるだろうと思うほど、飾らないホントの大人を演じられていると思う。しかもそんな中でも慣れないゲームなどする時の表現がとてもかわいい!
▽ユニコーンに乗ってで西島さん演じる小鳥さんがとても魅力的だからです。とても有能でありながら可愛すぎるおじさん社員は、西島さんだからこそ成り立ったように感じます
▽若者だらけのドラマの中で、西島秀俊さんがどのように存在感を出してキーマンとなっていくのか毎回ワクワクさせられています。年齢と可愛らしさのギャップがまた惹かれます

5位は林遣都さん

ドラマ『初恋の悪魔』で元県警捜査一課刑事で停職処分中の主人公・鹿浜鈴之介役で登場。幼い頃からシャーロック・ホームズなどの推理小説を読み漁り、凶悪犯罪オタクで人嫌いという役柄を演じました。

▽静と動の演技にメリハリがあって、温度差もあって、咄嗟に出る感情が凄く上手だなと思います。目線や、わずかな表情の動きだったり、事細かに表現されていて、見ているこっちも圧倒されるような演技で、感情移入が凄いからです
▽癖強キャラをあそこまで自然に演じられるのはすごいと思ったから。癖が強いけど心がすごく優しくて毎回引き込まれるから。またこのキャラクターをここまで愛せるのは林遣都だからだと思うから
▽変わり者の刑事という役柄で、少し妄想癖があり度々パニックに陥る様などを非常に上手く表現されていて場面に引き込まれる

   ◇   ◇

以下、6位「町田啓太(テッパチ!)」さん、、7位「中島裕翔(恋愛ディソナンス)」さん、、8位「綾野剛(オールドルーキー)」さん、同率9位「玉森裕太(NICE FLIGHT!)」さん、「仲野太賀(拾われた男)」さんがそれぞれランクインしていたそうです。