1匹の子猫が変えた新婚夫婦の運命 保護猫のために一軒家を借り、会社も辞めた2人

1匹の子猫が変えた新婚夫婦の運命 保護猫のために一軒家を借り、会社も辞めた2人

 1匹の子猫が平凡な新婚カップルの運命を変えた。猫を愛する思いから一軒家を借り、シェルターにしてしまった2人。その始まりは、ちょうど6年前の10月だった。兵庫・伊丹市内を車で走っていた木村遼さん(34)、麻衣さん(35)夫婦は、道路脇に捨てられていた子猫を発見した。

 「危ない、と思って車を降りて子猫のところへ。最初は警戒していましたが、すぐになついてくれ、かわいいなと思って、家に連れて帰ったのが始まりでした」

 こう話す奥さんの麻衣さんはもともと動物好きで犬派。ご主人は飼いたくても飼えないまま育ったため、知識は全くなかったという。しかし、そこからは仏語で王様を意味するロワ(茶トラ)と名づけた牡猫の愛くるしさに心を奪われ“3人”での生活。ペットが泊まれるホテルをみつけて、ときには九州までドライブした。

 その後、飼い猫は牝のアンジュ、牡のクーと3匹に増えた。ここまでは、よくありそうな話だが、ここからどんどん発展していった。自宅の周りに集まった野良猫に餌をあげるようになり、それを近所の人に迷惑がられ、家の中に入れて飼うようになった。気がつけば11匹に。それが4年前のことだった。麻衣さんが言う。

 「保護した猫を引き取っているうちに、その後もどんどん増えていって、ほったらかしにできないし。これは里親に出さないといけないなと思い始めて」

 2018年の年明けに殺処分ゼロを目指し、ポータルサイト「にゃんこの里60家(ロワや)」を開設。その年の7月には手狭になったため、何と自宅から車で5分の宝塚市内にシェルターとして一軒家を借り、1、2階部分で飼い始めた。そして、今年5月にはとうとうNPO法人動物愛護・福祉協会「60家(ロワや)」を立ち上げた。

 猫の数は出入りはあるものの、自宅とシェルターを含め、30〜40匹。多いときは50匹近くになったときもある。世話をするのはほぼ夫婦2人。おそらく「猫の手も借りたい」どころじゃない状態だろう。

 午前中は調子の悪い猫を連れて病院へ。子猫は生まれたばかりだと食事は2時間おき、少し大きくなると4時間おきに食べるそうで、休んでいる時間がほとんどなく、ひと段落するのが午後2時ごろだという。

 「家賃や餌代、病院代を含めて月40万円ほど掛かっています。休みはほとんどなし。最後に映画を観に行ったのは1年ほど前ですかね。西宮ガーデンズでアベンジャーズをみたのが最後かな」とご主人の遼さんは苦笑いした。

 夏場はエアコン代だってバカにならない。月40万円の費用はもちろん、時間と労力も相当なものだろう。結婚したときは会社員と専業主婦だった2人。その後麻衣さんは金銭面の支援のため、アルバイトをはじめ、やがて正社員に。だが、最終的には時間に追われ、2人とも会社を辞め、ネット通販で稼ぎながら少しずつ貯金を切り崩して現在に至っている。

(まいどなニュース特約・山本 智行)


関連記事

まいどなニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る