家具・日用品販売大手「ニトリ」(本社、札幌市)は不要なタオルを回収する取り組みを、一部店舗で実施中です。同社ではこれまでもカーテンや羽毛布団のリサイクル回収を行ってきましたが、タオルの回収は初の試み。他社製品の持ち込みも可能。3月3日まで。

回収したタオルはどうなる?

 顧客からの「ホテルやモデルルームのように色を統一してそろえたくても、買い替えるきっかけが難しい」などの声を受け、「お客様の背中を少しでも後押しし、安心してお買い物を楽しんでいただきたい」という思いから企画。

 回収条件は、洗濯して乾いたタオル(新品は洗濯不要)。サイズ不問。濡れているものや、油、薬剤、泥、カビなどの汚れが付着したものは不可。

 持ち込まれたタオルは、油や汚れを拭き取る布製品「ウエス」としてリサイクルし、同社物流拠点などで再活用する予定。「『新しい資源をできる限り使わず、限りある資源を守る』といった、自社内での循環の仕組みを構築してまいります」(同社)。新品同様のものは、そのままの状態で海外で再利用することも検討しています。

 同社では、「この機会にタオルの色をそろえて、コーディネートされたすてきなお部屋にしてみませんか」とアピールしています。

 回収実施店舗は、神奈川県10店舗(磯子店、横浜鶴見店、みなとみらい店、横浜ビブレ店、横須賀店、戸塚駅前店、ニトリEXPRESS FUJI上大岡店、Coaska Bayside 横須賀店、新山下店、川崎元木店)、東京都5店舗(赤羽店、成増店、環七梅島店、志村三丁目駅前店、亀有駅前店)、埼玉県3店舗(イオンモール川口前川店、イオンモール北戸田店、西川口店)の18店舗限定。ニトリメンバーズ会員の加入が必要。