夏になると大活躍のメニューといえば、ツルッとした喉越しが美味しい「そうめん」ですよね。暑い季節に欠かせないそうめんを、さらに美味しくする裏技がアイリスオーヤマの公式インスタグラムアカウント(@irisohyama)で紹介されています。

「梅干し」を入れてゆでるだけで、そうめんにコシが出る!

その裏技とは、「梅干し」を入れてゆでること。手順はとてもシンプルで、そうめんをゆでるときに一緒に梅干しを入れるだけ。これで、そうめんにコシが出てプリプリの食感が楽しめるというのです。

なぜ梅干しを入れるとそうめんにコシが出るのでしょうか? 梅干しを入れることでお湯が弱酸性になり、デンプンの溶け出しを抑えるためです。デンプンはコシの強さに関わる成分で、お湯で溶け出すとコシが弱くなりますが、酸性のお湯には溶けにくい性質があります。だからこそ、梅干しを入れてゆでるとコシの強いそうめんが出来上がるのです。また、梅干しは一緒にゆでても味が麺に移りにくいので安心です。

なお、ゆでた後の梅干しも捨てずに活用でき、麺つゆに梅干しを割りほぐしてそうめんと一緒に食べるとさらに美味しくいただけます。

この投稿には、「最後に麺つゆに溶かして使えるのも良いですね!試したいです!」「これは知らなかった!!実践してみます」「明日のお昼に早速作ります」などのコメントが続々と寄せられていました。

▽出典
・アイリスオーヤマ 公式インスタグラム/そうめんを美味しくゆでる裏技
・五代庵 公式/【梅干し1粒いれるだけ】そうめんを梅干しと一緒にゆでると簡単にコシが出る?